Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

持ち運べる車「WalkCar(ウォーカー)」の値段は?免許は?気になるので調べてみた

スポンサーリンク

 

 

もしもノートパソコンサイズでバッグに入れられるという電気自動車があったとしたらそれをほしいと思うでしょうか?

 

そんな車ある訳ない!管理人も実際にこの目で確かめるまでは信じられませんでした。しかし日本の株式会社ココアモーターズはその車を実現化。

 

2016年の春には販売することを発表されました。

すげーーー。

ただよくよく考えても見てください。

 

すごいとは感じたものの数々の疑問点があることに。例えば値段、耐久度、動力は?公道は走れるのか?などなど。このように従来の車とははるかに見た目が異なることから色々な疑問点が浮かび上がります。

 

そこで今回、管理人はその疑問を払拭すべく色々とWalkCar「ウォーカー」について調べてみました。

 

WalkCar「ウォーカー」のイメージ動画

さてまだWalkCar(ウォーカー)、以下ウォーカー、の実物をご覧になっていないという方は製品のPVがあるのでそちらをご覧ください↓

動画を見てみるととてもシンプルな見た目で操作もそれほど難しくは内容に見えます。坂道でも荷物があるのにもかかわらずスイスイと進んでいる様子を見るに意外と馬力はありそうですね。

 

ココアモーターズの代表取締役が言うにはウォーカーは様々なニーズにこたえられるような設計にしたと述べています。

 

一般の方が普段の歩行に使用してもいいし、高齢者もこれを使用すれば移動が随分と楽になるでしょう。はて、止まった反動で転ばなければいいのですが・・・

 

こればっかりは使ってみないと分かりませんね。

 

ウォーカーの値段、免許は?

上の動画をご覧になってこれまでにない感動があったのではないでしょうか?ここまでシンプルに作り上げられ、かつ画期的な”車”を僕は見たことがありません。

 

ただ性能がいいのかというのが気になるところです。というわけで実際にここで色々な疑問点を解決していこうと思います。

 

値段

まずは値段から。

 

代表の佐藤さんがおっしゃるには値段は10万円での販売を予定しているとの事。2015年の10月からKickstarterにて予約販売を開始するそうです。

 

kickstarter

 

公道は走行可能か?

動画を見て何となくお気づきだと思うのですがウォーカーは公道では走行不可となっています。最大で時速10キロのスピードがでます。

 

人間が早足で歩くくらいのスピードですね。はて、とまった反動でお年よりは転ばないかがやっぱり不安になります。

 

性能と耐久度

では実際にウォーカの性能はどうなのでしょうか?ネットの情報を見ると本体の重さは2~3kg。

 

サイズはノートパソコンサイズ。120kgの重量に耐えるということが書いてありました。

 

またモーターはリチウム電池で稼動し3時間の充電で12kの距離を走ることができるみたいです。10万円の価格にしてこの性能であれば買っても損はないのでは?という印象でした。

 

免許の有無

この見た目なら無免許でも運転可能なのではないかと思ったのですが残念ながら免許を取っていなければ運転できないそうです。

 

普通自動車免許、または普通自動2輪免許を所持していなければなりません。おいおい、初心者マークや高齢運転者マークは一体どこにつければいいんだーってね。

 

まさか背中にペタ・・・

 

*すいません、冗談ですので真に受けないでください。

 

まあバイクなどはつける義務が無いのでウォーカーも大丈夫ですね。

 

まとめ

以上がウォーカーの性能及び疑問点に対しての答案でした。似たような製品ですとセグウェイなどがありますが100万円近くするのでそれと比べれば比較的お買い求めやすい製品なのかなと思います。

 

両手がフリーになることで重い荷物の運搬や車椅子の移動などもできるメリットがありますし。

 

色々と用途がありそうなのでもしかしたらウォーカーが近い将来はやっているかもしれませんね。

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る