Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

くっそうぜえ!友達にイライラする3つの原因とその対処法

スポンサーリンク

 

 

長年付き合っている友達でもイライラするときってありますよね。

 

僕は友達自体少ないのであまりそういう機会にめぐり合うことはありません;;

 

まあ親友しか友達と思っていないしそんなに多くても人付き合いに疲れます。と思うようにしよう。←泣きたい

 

とにかく友達にイライラしてしまうことは今後の関係にひびが入ってしまう恐れがあります。そうならないようにまずはイライラしてしまう原因はどこにあるのかを把握しましょう。

 

  • 親しき仲にも礼儀ありを忘れている
  • 自慢が多くなった
  • 友達に彼女ができた

 

以上の3つが友達にイライラする原因です。他にもあるとは思いますが今回は上記の3つを題材に説明していきたいと思います。

 

親しき仲にも礼儀ありを忘れている

よく親しき仲にも礼儀ありということわざを聞きますね。

 

どんなに親しい間柄でも守るべき礼儀があるということです。それが崩れるとどうなるか。

 

礼儀を忘れ他人の迷惑となるのは火を見るより明らかです。これは親しくなればなるほどその確率は高くなります。

 

周りに気を遣う必要がないのでついついその空気に飲まれてしまうのです。ただ親しき仲にも礼儀あり。他人が嫌がることを把握していればどんなに親しい仲でもマナーを守るはずです。

 

不快な思いをさせられ、それを黙って我慢してはその友達にも良くありません。有頂天に達し礼儀を忘れているのであればそれを指摘してこそ友達だと思います。

 

いい所も悪い所も言い合える。そんな関係になれると良いですね。

 

自慢が多くなった

人はうれしいことがあると誰かに知ってもらいたいという心理が働きます。

 

また自分が他人に対して劣等感がある場合、その否定的行動が自慢という行動に現れることもあります。そして聞き手が聞いててイライラするのが後者のほう。

 

こういった自慢は人と比較して自分はあいつより優れているという自慢話が多いですからね。

 

これは自分にどこか劣等感がありそれを別の部分で勝っていると言い聞かせ他人に自慢することで劣等感をかき消す行為だと言われています。

 

他人に自分の優位性を問い、賛同を得たい、認めてもらいたいという心理が働きそのような行動に出るのだと思います。

 

そしてそれを言い聞かせる、もっともお手軽な人(ターゲット)が友達なわけです。友達なら気心も知れているし賛同してくれると信じていますからね。

 

ただ聞いている身としてはどうでも良いようなことばかりでイライラします。否定しても関係が崩れてしまうという思いもあり、なかなかそれを否定することができません。

 

そこで対策を取るとしたら普段から相手をほめてあげることです。

 

褒めてあげれば相手は満足し自慢話も少なくなるでしょう。ただし褒めることで調子に乗る輩もいます。そんな時は適度にムチを与えると良いでしょう。

 

友達に彼女(彼氏)ができた

友達に彼女(彼氏)ができると祝福の感情とともに、どこか妬みみたいな感情が芽生えます。

 

自慢話は相手自身の劣等感が原因で自分をイラつかせるものですが相手に恋人ができると今度は自分自身が劣等感を感じ、それがイライラになるパターンです。

 

また彼女ができたことで遊ぶ時間もなくなり寂しいという気持ちも上乗せされます。

 

そういう時は他の友達と遊び、気分を紛らわせましょう。それか自分も彼女を見つけるか・・・

 

いずれにせよ妬んでも何も変わりません。素直に祝福してあげられる心が広い人間になりましょう。と言っている僕は昔、友達に彼女ができたときは爆発してしまえ、絶交だ、なんてことを心に秘めていました。

 

そういう時って何もかもがイライラしてしまうものです。

 

だから高い志を持つようにしました。仕事でトップを取ってやるとかかわいい彼女を見つけてやるとか。妬んでも仕方がありませんので自分が頑張れるようなことに没頭してみるのもアリだと思います。

 

高い志を持つことさえできれば周りの事情なんてどうでも良くなります。うまく気持ちの切り替えができるように精進しましょう。

 

まとめ

以上、友達にイライラしてしまうケースは意外とあるものです。

 

ただ友達がいたからこそ困難を乗り越えた場面も必ずあるはずです。人は1人ではとても弱い人間です。

 

そんな弱い自分を支えてくれるのが家族や友達です。支えたくれたという感謝の気持ちを思い起こせば友達に対するイライラなんて吹っ飛んでしまうのではないでしょうか?

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る