人間関係

最近弟がうざい!兄の煩悩と心の叫び

投稿日:

 

初めに言っておきますが、僕は器の小さい人間です。

 

だからこうして愚痴のような塊の記事を書くわけで本人には直接言えない情けない兄がいるということを認識しておいてください。

 

しっかり者たかし君
つまりゴミくずのような人間なので、コメントしようと思っても、あえて器が小さいなって書かなくても良いってことですね。
少し天然な管理人
いや、そこまで言わなくても(T_T)でも反論してもその通りだとして言えませんのでご容赦ください。今のところそういうコメントはありませんが・・

 

さてさっそく本題に移るわけですが、この記事のタイトル通り”最近弟がうざい”という内容となります。

 

うざいけど仲直りする方法だとかどうやったら問題は解決されるのかという内容ではありませんのでご容赦ください。

 

そう、言うならば完全に愚痴。

 

共感してもらうための記事と言っても良いでしょう。

 

私の弟のプロフィールをちらっと・・

さて弟のうざさをご披露する前に、弟のことについて少し書かせていただきます。

年齢:16歳

身長:174cm

体重:57kg

好きなもの:こんにゃくゼリー、コーヒー牛乳、肉全般

趣味:動画鑑賞、バスケ

性格、特徴:典型的な末っ子のような性格。甘え上手。自分一人だけで生きてきたかのような生意気な態度を見せる。

僕はアトピー、アレルギーを持っていますが、弟はそういった病気は皆無。ちなみに現在僕の年齢は27歳。11歳歳が離れています。以上どうでもいい情報でした。

 

ちょっと前は仲のいい兄弟でした

別に現在、弟の仲が悪いとというわけではありません。普通に会話もするし、弟は僕のことを嫌っている様子はありません。

 

ただ昔はもっと仲が良かった。

 

ほしいものがあればそれをプレゼントしたり、怪獣ごっこをやったり、デュエマやったりと二人でよく遊んでいたものです。

 

少し天然な管理人
いやあデュエマ楽しかったなあ。デュエマ最高ー。シールドブレイク!
しっかり者たかし君
ここで変なステマはしないでください。

 

何せ歳が10歳以上離れていましたので今までケンカというケンカをした覚えがありません。

 

弟のうざいポイントをつらつらと・・

しかし、弟が高校にあがってからでしょうか・・急にうざいと感じてしまう僕がいるのでした。

 

末っ子だから甘えられるのは仕方のないことだと言い聞かせていた僕ですが、どうも一人だけで生きてきたという態度にどうしても腹をたたせてしまうのです。

 

分かりやすく、そのポイントをまとめてみます。

 

何でも親にやらせてしまう

(僕が)社会人となった今では親のありがたみはよく分かります。

 

小さい頃はよく怒られ、うざったく感じていたものでしたがそれはすべて自分のためであり、愛を持って育ててくれていたのだと思っています。

 

だからこそ、何でも親にやらせてしまう弟に腹が立ってしまいます。

 

食べたものはほったらかし、食事の配膳も親か僕、ご飯のおかわりも親にやらせ、自分の部屋の掃除も親がする。

 

何でも親に頼りっきり。僕の小さい頃は何をやるにしても、できる限り自分でやるという教育でしたので納得のいかない部分があり腑に落ちないのです。

 

横柄な態度でありながら根性なし

(弟が)高校に入ってからつくづく思う態度のでかさ。

 

思春期のため荒々しくなるのも分かりますが、やっぱり横柄な態度を見せられると気分が良いものではありません。

 

僕に対してはそのそぶりは見せません(一応威厳を保っているのかな・・)が、母に対してお前呼ばわり。

 

馬鹿だの、4ねだの、老害だのと平気で人を傷つける言葉を使ってしまいます。

 

問題なのは父親がそれを擁護してしまうこと。そんなことを言われても仕方ないと弟をかばってしまうのでいくら僕が注意したところでその態度は変わりません。

 

基本的に父親が家庭内のトップですから僕も強く反論することができません。

 

27歳を超えてなお、実家暮らしで仕事をさせてもらっている以上、頭が上がらないわけです。

 

ああ、あと僕に似て弟は根性なしです。

 

学校で嫌なことがあれば仮病を使って休みますし、小学校からずっと続けていたバスケも高校に入って半年を過ぎる頃には「先生がうざいから」という理由で退部してしまいました。

 

今思えば、僕が高校卒業後に都会で働くことになったはいいものの、2年で会社を辞めるのを見てしまったために根性なしになったのではないかと思います。

 

辞めた理由は都会の空気が合わず持病が悪化したからなのですが、事情も知らない弟にとっては、辛かったら辞めてしまえばいいという考えが植え付けられてしまったのかもしれません。

 

僕はもともと気弱なのでそれを弟が見て成長したらそうなってしまってもおかしくはないです。

 

何でしょうね、下の子は上の子の悪い部分だけ似てしまうと感じてしまうのは僕だけですかね?

 

歌をなりふり構わず歌う

音楽を聴くだけならまだしも、それをなりふり構わず歌うのはいかがなものか・・

 

朝から深夜。

 

うるさい、うるさいんご。

 

でもこんなことで口をはさむのはなぜか悪いと思ってしまう僕。もしもそれが彼のストレス対処になっていたとして、それを辞めろと言われたら?

 

もしかしたら余計に横柄な態度をとられうざさが増すのではないかと訳の分からない推測をしてしまいます。

 

確かに歌を歌うのは気持ちがいい。

 

物理的な被害を被っているわけではないので我慢をするか聞こえないところに避難するかの対策を練ることもできます。

 

それでも、それでも、うざったい。

 

音程がとれていないわ、日本語だか英語だか分からないラップで調子に乗ってるわ、首が脱臼してしまうぞいっていうくらい首をふってるわでうざったいのです。

 

正直歌さえやめてくれたらここまで”うざさ”を感じることはなかったかもしれません。

 

もともと僕自身が音楽に興味が一切ありませんので、素人が歌を口ずさむこと自体に抵抗がないのが原因の一つになってしまったのでしょう。

 

都合のいい時だけ下手にでる

また都合のいい時だけ下手にでるのも気に食わないです。

 

これは末っ子の所以なのでしょうが、自分がほしいものがあるときにだけ下手にでて、ほしいものさえ手に入れば手のひらを反したかのように横柄な態度をとる。

 

僕が小さい頃はほしいものがあるときは家事を手伝い、その後も家事を手伝わなければ没収されるというルールがありました。

 

親に携帯電話を取り上げられた日には殺意を覚えましたよ。弟に対してはそんな制約もありませんでしたので腑に落ちない部分があります。

 

昔と今は違う。

 

それは分かりますが、こうも親の教育の方針が違うとね。社畜の人がゆとり世代と比べてしまうように、昔と今を比べる気持ちも分かりますよね?

 

ただ弟には感謝しているところもある

最近弟がうざいと思ってしまう僕。それでも面と向かってそのことを口にできないのは僕がもともと気弱だから。

 

関係が悪化するくらいなら自分が我慢すればいい。

 

そう自分に言い聞かせ自己解決しているところがあります。

 

それにうざいと思うだけで嫌いというわけではありません。

 

むしろ弟が生まれてから親の態度も変わり、間接的に僕自身の接し方も変わったところがありますので弟には感謝している部分もあります。

 

上記でちらっとふれましたが、父親は何分性格のねじ曲がった人間です。

 

ましてや僕と父親は血のつながりがありませんので余計に親子という関係を築くのが難しいのです。

 

そこで弟が生まれたことにより、父親も我が子に対しての愛を覚え、間接的に僕自身にもその恩恵があったのは間違いありません。

 

もしその恩恵がなければ、再び両親は離婚し、家庭が崩壊。今頃路頭に迷っていたかもしれません。

 

だから弟が生まれて良かった。

 

うざいと感じてしまうこともありますが、自分だけ我慢すれば何も問題にはなりません。

 

せめて家庭内では我慢というのは皆無にするべきなのでしょうが、何分家庭が複雑なのでそれが平穏に暮らす一番の対策だと思っています。

 

だから僕は耐える。

 

見方を変えれば器の小さい人間だと思われるかもしれません。

 

実際にその通りで「結局甘いのはお前自身だな、嫌なら一人暮らししろよ」と言われても仕方のない話です。

 

まあよいではないか、最初に愚痴だけを語る記事だと言っているのだし問題解決をしたいわけではないのだから。

 

まとめ

読み返すと結局自分を正当化して心の安定を図ろうとした記事でしたね。

 

確かに僕は甘い、こんな自分が情けない。

 

まあ人間ってそういうものでしょ。

できればリアルでは争いたくはない。

 

そしてそのわだかまりを解消するためにネットを使って心の安定化を図る。

 

良い意味でも悪い意味でもネットというのは使えますね。

 

僕のように近くにうざいと思う人がいたとしてもそれをネットでつぶやいても問題解決にはなりません。

 

少し天然な管理人
たから問題解決をしたいと思うならぜひ面と向かって話し合いましょう。
しっかり者たかし君
それ、お前が言うなってつっこまれますよ笑

 

以上。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-人間関係

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.