Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

詐欺師から学ぶ話術のコツ

スポンサーリンク

 

 前回の話術の上げかたではお笑い芸人の土田晃之さんから話術のコツを学びました。

 

前回の記事はこちら↓

 

土田晃之の面白い話をするテクニック

 

今回は少し意外な人物からその話術を学ぼうと思います。少し違った視点で学べるので僕としては以外に面白かったです。

 

話術の極意「コールドリーディング」

さてこの記事はある書籍を参考にして書いております。

 

その書籍というのがこちらです↓

コールドリーディング~ニセ占い師に学ぶ! 信頼させる「話し方」の技術 (FOREST MINI BOOK)

新品価格
¥1,080から
(2015/5/4 13:03時点)

 

この本書の話術の定義としてこのようなことが書かれています。

 

心理的、言語的なトリックを使って相手の人生や心の中を読み取っているように思わせる騙しの話術。

 

またこのようなことも書かれています。

 

詐欺師とは騙しのプロではなく信頼させるプロなのだ

 

この定義を見るとその話術の根底の目的は信頼を得ることだということが分かります。ではいかにしてその信頼を得ればよいのでしょうか?

 

それは全てこの本書に書かれていました。

 

話術の基本スキル「ストックスピール」

よく占い師など使うテクニックがストックスピールです。

 

ストックスピールとは誰にでも当てはまるような漠然としたことをあたかも相談者の個人的な事実を言い当てたかのように提示するテクニックのこと。

 

例えばあなたは今までに数多くの失敗を経験されていますね?

 

など誰にでも当てはまりそうな質問を投げかける手法です。何も知らない方がこう聞かれると何で知っているの?とそう思ってしまうわけです。

 

冷静に考えればそんな単純なからくりは分かってしまうものですが窮地に追い込まれている人はその冷静な判断をすることができません。

 

詐欺師はまさにそういった人をターゲットにし、この手法を巧みに操っているのです。

 

ただ言い当てただけではまだ詰めが甘いです。ではその手法、ストックピールを言い当てた後の展開はどのようにすれば良いのでしょうか?

 

以下に書いていきます。

 

ストックピールのあとはアドバイス

本書では人は言い当てられた上でアドバイスをすることが重要だと説いています。

 

ストックピールを使った後にアドバイスをするとその言葉に現実味を深く感じるのだそうです。では簡単な例を見てみましょう。

 

会社でチームワークを重んじているAさん。ただその会社で働いている山田さんというかた。自己中心的ですこしコミュ障な部分がありなかなかチームワークがうまく行っていません。

 

そんな彼女とチームワークの改善法として本書ではこのように書かれていました。

A:山田さんってプライベートの時には仕事のときとは逆の性格が出たりしませんか?

山田:あーよく言われる。仕事のときは堅いけどプライベートでは結構面白いってよく言われる。

A:あー、だから山田さんってみんなに好かれているんですね。

この会話の中でストックピールアドバイス両方が添えられています。

 

単にみんなから好かれているんですねと言っても山田さんは現実味が感じられずに納得してくれないでしょう。ただその言葉の前にストックピールを使い見事に山田さんの本心を言い当てることに成功しました。

 

普段は見せない一面を言い当てられ、Aさんは自分のことを理解してくれていると感じ、好かれているんですねという言葉も反発せずに受け入れられるという仕組みです。

 

上記の例を見てみると何もアドバイスは人を導く言葉ではなくても良いことが分かります。つまりストックピールの後に選ぶ言葉は相手を納得させる言葉であれば何でも良いということですね。

 

管理人の一口アドバイス

僕も本書を全て読んでこの記事を書いているわけではありません。

 

なのでこれから説明するアドバイスはもしかしたら本書に書かれているかもしれません。ただ一応は自分の知識内で説明するものだとご理解していただければと思います。

 

上記の話術テクニックでストックピールとその後のアドバイスが重要となるというのはお話したとおりです。

 

しかしその後のアドバイスといっても素人が的確にその言葉を助言するのは難しいかと思われます。そこでそのアドバイスをどのようにすれば簡単に納得してもらえるものになるのか僕なりに考えてみました。

 

そこで有効なのが「権力の応用」です。

 

どういうことかというと絶対的に信用されている人を話の中に組み込ませる手法のことを言います。例えば上記のだから山田さんはみんなに好かれているんですねというアドバイスがあるとします。

 

そこに山田さんの絶対的信頼を置いている人の名前を出して付け加えます。

 

社長も言ってたけど”だから山田さんはみんなに好かれているんですね。

 

このように山田さんが信頼を置いている人の名前を出すことで一気にその言葉を信用させることができるのです。なぜなら人は信頼している人の言葉は無条件に信頼するといわれているからです

 

この心理テクニックを使ったものが権力の応用となります。

 

ストックピールを使ってその後の展開が分からないという方は是非この権力の応用を使ってみてはいかがでしょうか?

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る