Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

嫌いな上司をやめさせる方法なんて無いから!という話

スポンサーリンク

 

 

上司がうざいだとか、嫌いだとかね。

 上司

新入社員の方のほとんどがこのような感情を抱いたことがあるかと思います。僕もそうでした。

 

いや、今勤めている会社でもそのような感情を抱きながら働いているといったほうが正しい表現になるでしょう。

 

もう隣にいるだけで気持ちが悪くなってしまうほどね。それほどまでにある一人の上司が嫌いになってしまったんです。

 

ここで嫌いになった理由をずらずらと書いてもただ不快を与えるだけなので書きませんが。本当は「まじでふざけんなよ!」って暴言を吐くくらいの勢いで不満をぶちまけたいのですが今回は我慢します。←私偉いね、違うか・・

 

嫌な上司の特徴

仕事

さて今回は嫌いな上司を辞めさせる方法は無い、というテーマでお話を進めようと思います。そう人を辞めさせるなんて部下である人間ができるわけないんですよね。

 

がっかりですよね。まあ以下では少し視点を変えて嫌いな上司というものが、どんな存在であるか?その克服方法はあるのかを書いています。

 

がっかりする前に少しお付き合いしていただければと思います。

 

では世間一般的な嫌いな上司とはどういうものなのか?

 

少し調べてみたのでそれをシェアさせていただきます。

 

  • 自分の失敗を棚に上げる
  • えこひいきする
  • 感情的、論理的どちらかに偏った説教が多い
  • だらしない
  • 仕事をサボり部下にそれを押し付ける
  • 性格が歪んでいたり部下を褒めない

 

引用:http://the5seconds.com/

 

以上が嫌な上司の特徴になるそうですが、ものの見事に僕の嫌いな上司と合致しています。昔はただ厳しいという印象しかなく別に嫌いというわけではありませんでした。

 

しかし歳を重ねるごとに上記のだめポイントをマスターして行っているように成長(?)してくのです。なんだこいつ?進んで嫌いな上司目指してるのか?っていうくらい。

 

僕があまり人を嫌いになるということは無いのですが、さすがに以上の6つ全てをマスターしてしまった上司に好感を持つことができなくなりました。

 

嫌いな上司を辞めさせる方法

社会人

こうも嫌いになってくるとどうにかして対処しなければいけないという焦燥感に駆られます。気分がどんどん悪くなっていき、やがては自分までもが捻じ曲がった考えをするようになりました。

 

例えばタイトルのように嫌いな上司を辞めさせる方法などという非現実的な方法を検索にかけるなど。

 

そこで見つけたのが上層部への密告。あるいは女性を雇い入れ強制的な痴漢を誘うなど。正直自身の都合でここまでして辞めさせたいとは思いません。

 

そしてそれを計画しようとする自分を思い浮かべると人間そのものが腐ってしまう。そんな空しさが僕を襲いました。

 

確かに密告や強制痴漢を誘えばもしかしたら嫌いな人を辞めさせられるかもしれません。ただそれを実行すればその人以下の最低な人間に成り上がってしまいます。

 

だからやめさせる方法があったとしても、それを実行に移すべきではありません。また仕事を辞めた後の人生を考えると、とんでもない罪悪感に襲われそうでなりません。

 

人、一人の人生を踏みにじってしまうのだから。

 

上司とうまくやっていくための対処法

ガイド

さて以上のお話でいくら嫌いな上司であっても、その人を辞めさせるような方法を実践するべきではないということをお伝えしました。

 

ただ現状維持のままではこれからの仕事をする上で、ただ自分が苦痛を感じるだけです。早い話、自分が会社を辞めれば嫌いな上司ともお別れでき解決となるのですが今の社会、再就職するにしても難しいので現実的な手段とはいえません。

 

だったらどうするんだっていう話ですがそれはもう上司を”できる”上司に変えるかはたまた自分が変わるかの2通りしかありません。

 

まず初めに上司を変えさせる方法。人の感情や行動をコントロールするのは極めて難しいこと。しかもそれが目上の立場であれば尚更です。

 

だから必然的に自分が変わろうとすること。これが答えになるのではないかと思います。というわけで自分を変える方法を簡単に説明します。

 

自分の非を見つける

上司が嫌いだ!という感情が大きすぎてその上司の悪いところが目についてはいませんか?もしかしたら自分に非があってその非が原因で上司は自分の嫌いな行動へと導いていたのかもしれません。

 

仮に非が見つからなかったとしても嫌いだという感情が、何かしらの形で仕事の障害になっているのは間違いありません。

 

だって気分よく仕事をしたほうが圧倒的に仕事のパフォーマンスは向上するのですから。

 

上司の良いところを見つける

今はまだ上司のいいところなんかは見つけられないかもしれません。

 

ただ少し冷静になり客観的に上司のいい所を探す努力をすることも大切です。例えば細かく注意してくるのは自分が細かい所に気を配れておらずそこを指摘する上司は人を見る目があるなあとか・・・

 

うん、まあそんなにポジティブには考えられないかもしれませんが実際ポジティブシンキングって大切ですよ。

 

正直この能力さえ身に付けばだれも嫌いになることはありませんからね。なのでポジティブシンキングを身につけるためにまず上司のいい所を見つけてあげましょう。

 

上司と距離を置く

まあそうは言っても人間誰しも負の感情は持ち合わせているもので時にはその感情を対処しきれないこともあるでしょう。

 

そこで上司と距離を置いてみるのもありです。

 

実際に空間的に距離をおくのも、心の距離をおくのも、どちらを実践してもらってもかまいません。イライラが爆発しそうなときはあらかじめ距離を置けるような避難所を見つけておきましょう。

 

トイレへ駆け込む、空返事などなど。

 

それでも嫌いだというのなら

心

以上が上司嫌いを克服するための自分の変え方です。もちろんそのほかの方法というのも探せばいくらでもあります。

 

要は心が成長すればそういった嫌悪感も抱かなくて済むようになるという話です。こんなえらそうなことを言っていますが、そういった意味では僕もまだまだ心の成長が足りないなと。

 

まだまだ嫌いなものが多すぎる。

 

ただ自分が変わろうとする意思さえ持ち続ければいつかは全てを受け入れられるんじゃないかと思うのです。

 

だから僕は耐える

そして変わろうとする意識と努力は怠らない

 

いつしか全てを受け入れられるその日が来るまでは。ただどうしても嫌になった場合はその時に考えよう。選択肢として挙げられるのが”転職”でしょうね。

 

いまは転職サイトも充実していますし。

 

この会社で働くことがすべてではない。自分を壊してまで生きていく意味はない。だから僕は転職します。

 

僕のようにやめると決めたら今のうちに準備をしておくことです。やめてから転職活動をしても良い会社に勤められる可能性がごくわずか。もちろん転職サイトやハロワにこっそりと通ってもいい会社に転職できるとは限りません。

 

 ただこうやって息苦しい毎日を過ごすよりかは多少リスクを取って、決断することも大切です。今その会社で働き続けるリスクと比べたら、転職なんて全然リスクはないと個人的には思います。

 

とにかくストレスで身も心も穢れてしまうくらいなら、職を変えたほうが賢明な判断だと僕は思います。上記で体験を書いているように、それを身をもって感じたことですので。

 

あとは辞める勇気。人間関係でやめる人が多いのはよく聞く話。もしも転職しようという気持ちが少しでもあるならどうやってやめるかを考えましょう。

 

以下の記事は辞めたいけどそれが言えない。そんなときの対処法を載せてますのでぜひ参考にしていただければと思います。

会社を辞めたいけど言えない!そんなときの対処法

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る