仕事と勉強のこと

個人事業主でも派遣社員になれる!そのメリットと経緯を書いてみる

投稿日:

 

僕は会社で働くことのストレス、人間関係に屈し、個人事業主となりました。

 

傍から見れば社長になるわけですが、そんな大それたものではありません。いや、中にはものすごく稼いでいる方もいらっしゃいますが、僕はまだまだレベルの低い位置にいます。

 

目標は月に100万を稼ぐこと。

 

それまでは地道な作業を繰り返し、家にいる時間のほとんどを仕事の時間に使う・・

 

予定だったのですが、今まで体を酷使させてきたんだ。ちょっとは体を休めてプライベートな時間を楽しもう。

 

人間、一度サボると怠け者になっちゃいます

しばしの休息と思って気づけば、半年。

 

やっべえよ、ちょっとのつもりが昼まで寝て、ろくに作業もしないで家でアニメばっかり見て一日を過ごしているよ。

 

時間はあるし、明日頑張ればいっかー。そして明くる日、まあ今日は体がだるいし、明日頑張ればいっかー。次の日、ああ、なんだかめんどくさいし気の赴くときに仕事すればいっかー。

 

こんな感じで今に至ります。

 

もう、こうなるとダメ人間ですよ。

 

一度舌もとろけるようなあまーいチョコレートをほおばった時のように脳はそればかりを欲し、恍惚の境地に踏み入る。

 

今まで血反吐を吐くくらい頑張ってきたんだもの。少しばかりのご褒美を自分に与えたって罰は当たりはしないだろう。

 

しかしそれはハニートラップ。

 

人間を堕落させるための甘い罠です。

 

一度その罠にかかると自分が堕落していることを気づいているのにもかかわらず、現状を維持し続けようとします。

 

得られるものは一時の至福のみで後に待っているのは地獄です。

 

もう一度頑張れる自分になりたくて

↑、何だこのくっせえ文章は!

 

堕落した時間が長いと脳内お花畑で無駄にかっこつけようとする自分がいました。

 

すいません。しかし、ようやく我に返った僕はこのままではいけないと現状を変える策を講じた。

 

それが個人事業主兼、派遣社員になることです。

 

そもそも個人事業主が派遣社員になれるのか?

もしかしたらこのような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

まあ本稿のタイトルを見て分かる通り、個人事業主でも派遣社員になることはできます。

「登録型」と「常用型」がありますが、常用型は派遣元の正社員として派遣先に勤務することを言います。

したがって個人事業主でありながら派遣の仕事をするなら派遣先での期間が有限な登録型が良いですね。

 

個人事業主が派遣社員として働くメリット

このまま、腑抜けた生活を送るのはまずい、かと言って家で黙々と作業を続ける自信もない。

 

会社を辞める時、個人事業主として生きていくことを決心した僕ですがどうやらその覚悟が足りなかったみたいです。

 

このままでは現状を打破できないと思いましたので派遣社員になることを決めました。

 

それに派遣社員になることで以下のようなメリットがあります。

 

  • 契約期間が定まっているので計画を立てやすい
  • 節税対策になる

 

派遣社員だけで見ると、残業代がしっかり出る。人間関係が悪化したとしても契約期間があるので環境を変えることができる。

 

などがメリットになるでしょう。

 

しかし、契約が切れた後の不安、やりくりなどを考えなければなりません。

 

またボーナスが無いという点では正社員のほうが安定した生活を送ることができるかと思います。

 

これについては個人事業主も同じ。

 

売り上げは全て自分の物になりますが、その分、税金はがっぽり取られますし、この先安定した収入を得られるとは限りません。

 

ですが、個人事業主でありながら派遣社員として働けば比較的安定した収入を得ることができます。

 

上記で挙げたメリットがあるように、派遣の契約に有効期間があるからこそ、その時々で判断ができますし、税金もある程度節税ができます

 

月に300万とか稼いでいる個人事業主であればその道一本で事足りますが、僕のようにまだ収入がイマイチという人には何とも働きやすい環境と言っても良いでしょう。

 

自分に合った働き方が一番

就活

個人的にはこのような働き方が自分には合っているように感じます。

 

何より僕は働くことが大嫌いな人間。

 

強制的に我が身を会社に投じ、負のエネルギーを貯めさせるにはこの方法が一番です。

 

そう、負のエネルギーは使い方次第ではやる気をアップさせてくれる代物。ダメ人間だからこそ、負のエネルギーを有効活用できるのです。

 

これも一種のスキルか・・

 

逃げるは恥と言いますが逃げるだけのエネルギーがあるなら人はある程度の壁は乗り越えられます。

 

例えそれが周りから見たら間違っていたとしても、自分が生きるために必要な経験。

 

ただ逃げるだけにエネルギーを使っていてはいつまで経っても人生は好転しません。

 

有り余ったエネルギーを有効活用し、自分の生きる道を作ってください。

 

そして僕もいずれは本業(個人事業主)で月に100万(最終目標は月収1000万以上)稼ぐんだ。

 

苦しみ、妬み、怒り、生きるためなら何でも動力源にしてやるさ。もう二度と本当の苦しみは味わいたくないから。

 

まあこんな感じでやっていこうと思いますので、あなたも今が不安なら自分を突き動かすものは何なのかを考え行動するようにすると良いですよ。

 

もしそんなものが無いというのなら僕みたいに、あえて辛い環境に身を置くのも手。

 

逃げることで得られるエネルギーは強大。

 

生きることを諦めない限りは人生はいくらでも変えることはできます。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-仕事と勉強のこと

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.