仕事と勉強のこと

労働搾取されることで生まれるリスクとその回避法

投稿日:

 

できることなら仕事なんてせずに家でゲームをしていたい。

気が向いたときにふらーっと旅に出ておいしいもの食べて幸せになりたい。

 

仕事が大嫌いな僕としては労働搾取はまっぴらごめん。

 

生きるため仕事をしなければならないのは分かりますが、対価以上の労働力を会社に捧げたくはありません。

 

サービス残業が当たり前だという感覚

はて、生活をするためだと自分に暗示をかけ、そのためならサービス残業もいとわない。

 

まじめな日本人、特に年齢層が高い世代ほどそれを当たり前だと思う傾向にあります。

 

まさか自分が会社に搾取されているだなんて思ってもいないでしょう。いや、うすうす気づいているのだけど、それを考えたらモチベーションを維持できない。

 

そんな方も多いでしょうね。

 

搾取という言葉を分かりやすく伝えるためにサービス残業を用いていますが、それを抜きにしても労働者は搾取されてされています。

 

例えば給料が10万とした場合、実際に労働して稼いだ額はもっと大きいです。

 

じゃあその差し引かれたお金はどこに行くのかというと、雇い主(株主)、会社の経費等に使われています

 

会社を持続させるためには必然なのですが、等価交換ができているとは言い難いでしょう。

 

もちろん職によっては労働力以上のお金をくれるところもあるのだけど

ただし労働力以上のお金をくれる企業も存在します。やはり、経済的に儲かっている企業ほど労働者に支払う賃金も多い傾向にあります。

 

いくら支払うかは人の裁量。

 

毎日夜遅くまで汗水流して働いているのにもらえる賃金は10万円の人もいれば、毎日室内でちょっとした作業だけで100万円もらう人もいます。

 

そりゃあちょっとの労働力でたくさんお金をもらえるところに皆行きたいですよね。

 

でもそれができない。労働力があるかどうかは実際に働いてみないと分かりません。

 

だから雇う側は学歴で人を雇うかどうかを判断するわけですね。

 

もらえるお金は労働力ではなく学歴(学力)で決まる。こんな理不尽な社会が構築されていることに僕は絶望を感じています。

 

絶望を感じながらも、僕も雇う側でしたら学歴で採用するかどうかを決めるでしょうね。

 

だってそれが一番確実な判断材料になるもの・・

 

僕たちは労働者になるべくしてなったのだよ

労働力に見合ったお金を得たいのなら、もう、必死に勉強して学歴を上げて大企業に就職するか、経営者になるしかありません。

 

文章で表すのは簡単ですが、そういう人になれるのは一握り・・

 

まず経営者になろうって思わないですよね。

 

日本は資本主義ということだけあって、労働者から生まれた子どもは経営するほどの資本が無く、資本を作るにはまず労働者になってお金を稼ぐ必要があります。

 

ただ、その大半を生活費として消費してしまいますので、いくら月日が経っても労働者のまま。

 

教育においても労働者として生きていく術ばかりを教わりますので、経営者になる手段さえ知らない人が多いです。

 

だから大人になったら〇〇の会社で働くという選択が普通であって、目指すべき所になっていくわけです。

 

悲しいな・・世の中労働力と生産量に応じてお金がもらえるシステムになったらいいのに。

 

資本家たちが作った価値観に従うのは疲れる。

 

最大のリスクは時間の搾取

時間

あ、労働することで一番大切なものを搾取されているものが”時間”であるというのを伝え忘れていました。

 

目に見えない分、意識しないとその貴重さに気づくことができないもの。

 

人が与えられる時間は平等だとは言うけれど、大人になれば労働者と経営者とで決定的な差が生じます。

 

労働者は1日に8時間労働に時間を費やすことになりますが、客観的にみるとこれは異常です。

 

時間っていうのは言い換えれば人生そのものですよ。

 

その大半を労働に使っているのだから、もはや仕事のために生きていると言っても過言ではありません。

 

実務以外にも労働のために通勤時間、準備時間を要しますので好きに使える時間はほんの数時間。

 

そう考えるとなんだかバカバカしくなりません?僕はバカバカしく思えるのでこのまま労働者として働くのは御免です。

 

対して経営者は睡眠時間以外は自分の時間に使うことができる。働く時間は労働になりますが、その時間をカットさせるために労働者がいるわけで・・

 

お金があればお金を得るために労働者を金で買う。

 

てこの原理同様にちょっとの労力でお金を何倍にも膨らませることができます。

 

お金をうまく回すことで、有効に使える時間が増え、さらにお金を増やす時間を作ることが可能です。

 

労働者はお金を得ても生活費に消えていく。費やしたものは返ってきません。なくなっていく以上、時間(人生)を費やして対価を得ることになります。

 

労働力のみがお金を生み出す手段。

 

一度、体を壊して働くことが出来なければお金を生み出す手段が途切れ人生は崩落するでしょう。

 

これをリスクと呼ばず何という?

 

経営者にもリスクはある

だからと言って、安易に経営者を目指すのは良くない。

 

確かにお金を増やす手段は増えますが、実際に増えて返ってくるとは限りません。

 

そのあたりはギャンブルの仕組みと同じです。お金を投資してもそれが+になって返ってくる保障なんてどこにもないのです。

 

言ったら結果が出るかはやってみないと分からないというのがリスクになります。

 

ただ経営者であれば、そのリスクはお金でカバーする。それが経営者というモノ。

 

労働者から経営者になるのなら、リスクを回避するために貯金はある程度しておいた方がいいでしょう。

 

ちなみに僕は働くの嫌で個人事業主となりましたが、その時の貯金は10万以下。リスクをお金でカバーすることができないので、失敗すれば地獄行き。

 

失敗できないので時間を費やしまくりんぐです。

 

そうやって失った時間は取り戻すことができません。

 

ただしお金を生み出す仕組みを作ることに時間を費やした場合は、将来的に時間を確保できる可能性を生み出します。

 

つまり結果的に時間を取り戻すことが可能だということです。

 

おまけ(時間の大切さを知ってしまったがゆえに起こるジレンマ)

今はお金を生み出す方法というのはいくらでもあります。

 

ということは、自由に使えるお金も増やすことができるので経営者にもなれるということです。

 

で、経営者になると決意すると時間を無駄にしてはいけないという意識が働きます。そうして時間を費やしてお金を生み出す仕組みを作るわけですが、なかなか結果というのがでません。

 

頑張っているはずなのに結果がついてこない。

 

初めはまだモチベーションが高いので良いのですが、それが3か月、1年経っても結果が出ないとさすがにモチベーションは下がります。

 

そしてふと思う時があります。あれ、今やっている作業って意味あるのかって。

 

この時間を別のことに費やしたらうまくいくかもしれない。

 

ましてや働いたほうが安定してお金を得られるからそっちの方が良いのでは・・

 

時間の大切さを知ってしまったがゆえに、結果の出ないものを無駄な努力かもしれないと錯覚する。

 

こんな状態に陥ってしまうことがあります。

 

世の中そんなに甘くはない。

 

経営者になって成功する人なんてごくわずか。生半可な気持ちでは成功することができません。成功を収めるには強いマインドを持つことです。

 

モチベを保ちPDCAを繰り返す。

 

結果が出るまでが勝負です。失敗する人は結果を出すのが早いね。

 

結果なんていうのは出すんじゃなくて出るものなのに。

 

「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」ほんとこれ大切。

 

信長さんのやり方で成功することもありますが、それはある程度経験と資産がある人のやり方です。新しいことで結果を出したいのなら、自ら結果を出すのではなく結果が出るまでやり通す。

 

これを意識することで今やっていることが無駄な時間だとは思わなくなります。

 

まあそれが難しいから挫折してしまうんですけどねえー。

 

まとめ

こんな偉そうなことを言っている管理人ですが、一度目標をクリアして一気に力が抜け堕落した生活を送ることになります。

 

長い仕事がようやく終わって家で休むのと同じ感覚。

 

時間を自由に使えることが仇となり、ちょっとの休憩が長い休日になってしまいました。

 

さすがにこのままではまずいと我に返った管理人。

 

再び闘志を燃やし、あえて辛い環境に身を投じることを決意するのでした。それを詳しく書いた記事がこちらになりますので良かったらみてやってください↓

働きかたを変えることで輝いた人生

 

はあ、働くって大変だな。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-仕事と勉強のこと

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.