Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

仕事辞めたい!でも言えない!そんなときの対処法

スポンサーリンク

 

 

みなさんお仕事頑張ってますかー。いやあしっかり働いている人まじ尊敬します。僕なんて仕事を辞めることばかり考えていますから。

 

今日は仕事を辞めたい管理人の心の中を文章にして、それをここに書き留めたいと思います。今現在、仕事に誇りを持っているのならそのまま頑張って下し。

 

ただ僕のように、仕事を辞めたいと思っているのにだらだらと仕事を続けるのはどうなのか?その結論も打ち出していこうと思います。

 

タイトルにもあるように僕は仕事辞めたいのにそれを言えないちっぽけな人間です。

 

(追記:2016年9月1日、上司に辞める旨を報告、当月末に退職いたしました。これからの生活が不安ですが、辞めて良かったと思っています。)

 

なぜ仕事を辞めたいのか

上司

もともと仕事をするのが嫌いな管理人。社会不適合者なんですよね僕は・・

 

会社で働く意味を誰しも一度は考えたことがあると思います。

 

  • 食べていくため
  • 家族を養うため
  • 生きるため

 

若干の目的は違えど結局は上記の3点にたどり着くはずです。でもなんだかなー。毎日8時間以上働いて、帰宅後は風呂入ってご飯食べて明日のために休息を取る。

 

これが当たり前のようになってどんどん月日が経っていく。これって本当に食べていくため、家族を養うため、生きるためになっているのかってつくづく思うのです。

 

つまり現状目的を失って働いているのではないかということです。

 

「仕事をするために生きている。」これが当てはまるのではないかと・・

 

本当に仕事が好きなのであればこれには当てはまりません。自然と仕事が人生の一部になっているのなら苦もなく働いて生きていくことができます。

 

ただ多くの方がいやいやで働いて、精神と肉体と貴重な時間を浪費させていると思うんですよね。必死に働いても出るのは金だけ。金のために働いても、何一つ楽しくない・・

 

僕は現在、葬儀の仕事をしていますが正直苦痛でしかありません。

 

  • 仕事がつまらない
  • 仕事がきついわりに給料は少なすぎる
  • 夜も眠れず電話が鳴れば出動しないといけない

 

こんな事を繰り返していれば、そりゃあ仕事が嫌いになりますよ。だから僕、仕事を辞めたいんです。

 

「辞められないんだよ」と言う言い訳

叫び

このように僕はへたれなので会社を辞めたい。

 

ゆとりですが何か?まあ、それでも辞めることができないのは辞める勇気がないからです。

 

辞めたら生活がどうなるか・・やっぱり生活が、ままならなくなってしまっては本末転倒です。

 

食べていけないし、家族も養えないし、生きていけない。

 

こんなリスクをとってまで辞める価値はあるのだろうかって思ってしまう。本当に辞めたいなら体が拒否反応を起こして体が勝手に動く。

 

だとしたら僕は本当に辞めたいとは思っていないことになる。

 

ああ、確かにそうなのかも。今仕事辞めたら会社の人に何言われるかってビビッてますし。勝手に自分がいないと、みんな困るだろうなっていう勘違いもしている。

 

はい、これが僕の辞められないんだよっていう言い訳です。もう惨めで仕方ない。

 

それでも僕は会社を辞めたいんじゃあー

なんだろう、それでも僕は会社を辞めたいと3年も前から思っています。

 

でも辞めてない。言えないんだ。もしかしたら私はMなのかもしれません。僕の本心ではないもう一つの心がそう思っているのかもしれない。

 

なんだこの中二くさい心境は・・とにかく辞めたいという心情は変わらない。でもなぜかそれをちょっと楽しんでいる自分がいる。

 

こわい、そんなことを思っている自分が怖いわ。

 

少しだけ行動が変わったよ

変化

今すぐに会社を辞めることは難しいけどやっぱりいつか辞めたいなー。そんな都合の良い思考を持っている管理人ですが、今まで何もしていなかったわけではありません。

 

まあ、人目がつかないところで頑張っているんですよー。

 

ただそれが結果にコミットしているのかと言えば全然達成できていないわけで・・本気で会社を辞めようと思っていないから結果がついてこないのかもしれません。

 

あれ、でもこれ、継続させればいつか今の給料越えるんじゃね?それこそこのブログではマネタイズはあまりしていないので、うまく広告を利用すればそれが実現するかもしれません。

 

考えが甘いか・・うーん、でも雑多ブログって労力かける割に収益がでないなと、このブログを運営してて分かりました。

 

辞めるにしても何か新しいことにチャレンジするのも、それなりの覚悟が必要なんだとしみじみ感じております。

 

辞めたい→いつ辞めるかの思考

結局、本気で辞めたかったら体は勝手に動く。そして結果も自然とついてくる。

 

ただ僕のように辞めたいのだけれど、それを本気で思っていない人は結果がつくのに時間がかかる。でもね、行動を変えれば少しではありますが結果はついてくるものなんだと感じています。

 

この中途は半端な状況から抜け出すには思考を辞めたいから、いつ辞めるかを考えなければなりません。

 

願望から決定。

 

本気で何かを成し遂げようとしている人は、願望だけではなくその後の決定もしっかりしています。そろそろ僕も甘い考えは捨て、決定をしなければならないと感じています。

 

だから決めた!今度の僕の誕生日=9月25日に辞める事にしようと。(冒頭にあるように2016年9月末で退職しました。)

 

前日に退職願書いて、翌朝、上司の顔面にパチンと貼り付けてやるんだー。例え生活費が賄えなくても、その時は再就職すればいんだー。

 

田舎なのでハロワはだめだね。いい求人がまったくと言っていいほどありません。選択しないなら就職先はたくさんあると嫌味を言ってくる親がいますが、そんなところで働いても続かないよ。また辞めたくなるのがオチ。

 

であれば、ある程度の準備をすることが大切でしょう。今は転職サイトという便利なサービスもありますからね。

 

転職サイトもブラックが多いので必ずしもいいところが見つかるわけではない

 

まあこうやって選択肢を増やすことは良いこと。自分のスキルや思考が転職先と合う可能性がグンと高まるからです。というわけでまずは登録からでも。

 

めんどくさがって何もしなければ一生ストレスを抱えて生活することになります。

 

結局、そのままを維持するのが日本人の特徴。変わりたいと思う一方で変わりたくないという心も持ち合わせています。ただ本気で”今を変えたい”のならやることは明確なはずです。

 

リクナビNEXT

(僕がお世話になったところ。言わずと知れた転職サイト。圧倒的案件数と信頼を得ています。なんと転職者の8割がリクナビを利用しているというのだから驚きです。)

 

就職できなかったら、車売って、スマホゲームの課金(月2万円)辞めたら何とかなるだろう・・と、最後まで、アマアマな考えの管理人でした。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る