人生、終活

生まれつき病気だと何を希望にして生きていけば良いのか分からなくなる

投稿日:

 

人生は変えられる。

 

努力は報われるというけれど、生まれつき病気の人からすれば何それおいしいの?っていうくらいに心に響かないよね。

 

僕も生まれつきアトピーで小さい頃から苦しみを味わいながら生きてきました。

 

それでも病気に向き合い前向きになれたのばなぜか。考え方というか思考の違いの部分になる話なのでためになるかは分かりませんがお時間があるときにでも見てくれたら喜びます。

 

病気というハンデを背負うと全てが悲観的になる

動脈硬化や心臓病など、大人になってからなる病気が辛いのは分かります。

 

ただ、生まれつき病気を患っている人からすればまだそっちのほうがマシだと思えてしまうんですよ。

 

だってそういった病気ってある程度の予防ができるわけですから。

 

病気になったのは自分の責任。自業自得ですし、適切な治療を施せば治る確率も高いのがほとんどです。

 

生まれつき病気だと予防なんてできないわけで、その時点で半分人生が詰んでいると言ってもいいでしょう。

 

治そうにも治す方法はないと言われ、希望なんて一度も持てないまま死んでしまうのではないかと考えて、生きることに絶望し、無気力に生きて行く。

 

こんな感じで全てが悲観的になってしまいます。

 

だから「努力は報われる」とか「生きていれば希望が生まれる」とか言われても現実味がなくて全く共感できないのです。

 

悲観的なっても誰も助けてはくれない

基本、人はネガティブな人には近づきたくありません。だから幸せのオーラを全く放っていない、絶望に打ちひしがれた人間には孤独の人が多いです。

 

まあ、孤独だとめんどくさい人付き合いや揉め事がない分、気持ちは楽です。

 

仮に仲間ができたとしても、変に同情されたり気を遣われたりするものですから心の片隅にぽっかり穴が空いた感覚に見舞われます。

 

で、ああ、やっぱり自分は他の人たちとは違うんだなと思ってしまう。

 

こうなると人付き合いが嫌になり、孤独が嫌いなのにもかかわらず孤独になることを選んでしまいます。

 

一度そうなると誰も手を差し伸べてくれない。

 

あの人は一人が好きなんだなと思われ誰も自分に近づかなくなります。

 

本当は喉から手が出るほど助けが欲しいのに、こうも他人と生きている世界が違うと実感させられるとそれもできなくなってしまいます。

 

生きる意味って何だろね

正直、自分は何のために生きていて、何を希望にして生きていけばいいのかは今でも分かっていません。

 

一般論でいうなら人は幸せのために生きているのだと思います。まあ幸せって何と突き詰めて言われたら分からないんですけどね。

 

強いて言えば自分が思い描く理想を現実にすることを幸せと呼ぶのだと思います。

 

生まれつき病気だとね。そりゃあ今ある病気が治ることが理想ですよ。

 

でもそれって幸せと呼んでいいのか?言うなれば他人と同じステージに立つだけで、生活自体は特に変化もないその状況を幸せと呼べるのでしょうか。

 

分からない。それは病気が本当に治ってからでないと分からない。

 

答えは分からないままでいい

結局、今まで悲観的に生きてきたから病気が治ってもそれから人生が幸せになるかどうかなんて分からないんですよ。

 

でもそれでいい。

 

病気が治っても幸せにはなれないという結果を知らされるよりかは、このまま答えは分からないほうがいい。

 

その答えを知ってしまうと本当に生きる意味がわからなくなり死んでしまいたくなるから。

 

まあこれは病気で絶望を感じている以外の人にも当てはまります。夢や希望はあるけどそれが叶っても幸せだと感じるかは、そのときになってからでないと分からないものです。

 

もしかしたら、分からない状態で生き続けること、それ自体が幸せなのかもしれませんね。

 

知らぬが仏。

 

今の病気が治らないことには幸せにはなれない

病気が治っても幸せになれるかどうかは分からない。かといって病気を治さないことには何をしたって幸せを感じることはできません。

 

例えば僕の場合は好きなものを食べても、アトピーが悪化することを心配してしまいますし、散歩をするにしても日差しでアトピーが悪化することを恐れてしまいます。

 

何をするにも病気の心配をしてしまうので、そこに幸せはないんじゃないかと思ってしまうわけです。

 

好きなことをするにしても結局病気が襲いかかってくるので、結局何をやるにしても全力で楽しむことができません。

 

だからまずは病気を治すことに努力を注がなければいけないと思います。

 

努力は報われるかは分からないけど、現状を変えるにはそれしかない

努力は報われるとは言いますが、治らないと言われる病気を努力で治すことに意味はあるのか?

 

現実味がなくて意味はないのではないかと思ってしまいがちですが、それでもやるしか治す術はありません。

 

何をやるのか?色々です。

 

色々やって治らなかったとしてもまた別の方法を探していく。骨の折れることですが結局治すことに努力を注ぎ続けなければ現状は何一つ変わりません。

 

普通の人が2回挑戦して1回は成功できるようなことでも病人が挑戦すれば100回に1回成功するかどうかの確立になってしまうこともあります。

 

ただそれでも挑戦し続けなければ失敗に終わり意味のない人生になってしまいます。

 

生まれつき重い枷をつけて生きてきたんだ。そんなのは分かりきっているでしょ?

 

無理ゲーを楽しいという人がいるように

高橋名人をノーコンでクリアするとかバイオハザードを初期ハンドガン回復なしでクリアするとかそういう設定を自分で設けてゲームに挑戦する人がいるじゃないですか。

 

僕からすれば全くもって意味のないことで何が楽しいか分からないんですがそういうのが楽しいと思ってゲームをプレイする人も中にはいるんですね。

 

何でそんな時間がかかってめんどくさいことをするのかって、それは楽しいと思うからに他なりません。

 

恐らくそういう人達はそのゲームが楽しいんじゃなくて(面白いゲームではあるけど)、自分でルール設定をしてそれに挑戦することを楽しんでいると思うのです。

 

こんな風に挑戦することを楽しむことができたら少しは悲観的にならずに病気を治していけるのではないかと思います。

 

というか、今の自分がそうしています。

 

ゲームのような楽しさはありませんが、今まで自分が気付けなかったことが発見できたりするので挑戦し続けることに若干の楽しさを感じるようになりました。

 

もしかしてこれが希望というやつなのかな。

 

辛い時は休めばいい

ただやっぱり努力を重ねるというのは疲れるものです。

 

だから疲れたと感じれば休めばいいです。人生が終わらない限りはいくらでも挑戦し続けることができますので少しくらいは休んでもバチは当たりません。

 

ブラック企業に入ってしまい、その過酷さからか自殺する人もいるようですが、そういう人は働き続けなければいけないと思い込んでいます。

 

疲れたら死ぬんじゃなくて休めよ。なんでわざわざ永遠の休息を得ようとする。

 

働き続けないと生計が立てられないから?

 

いや、その術を知らないだけでちょっと休んで考えればいくらでも生計を立てる手立てはあるのにね。

 

まあ何が言いたいのかと言いますと、病気が治らないことに焦ってはダメだということ。

 

焦らずゆっくり。病気を治すためには挑戦の連続ですがしっかり休息をとることが大切です。その休んでいる時は過去の振り返り。

 

  • なぜ過去の治療はうまくいかなかったのか?
  • どうやったらその治療はうまくいくのか?

 

計画、実践、見直しを繰り返しましょう。

 

挑戦し続ける熱い心に、過去を振り返る冷静な分析。

 

この二つを意識すればうまくいくはずです。

 

まとめ

以上、生まれつき病気だと何を希望にして生きていけばいいのか分からなくなるという記事でした。

 

分からないからこそ生きてみる価値がある。

 

そう感じていただければ嬉しいです。ハンデを背負っている分、生きていくのが辛い時もありますが強く生きて自分なりの幸せを掴んでください。

 

では_(┐「ε:)_

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

このくそつまらない世界に祝福をもたらすために自分には何ができるのかを書いた記事もありますので良かったら読んでみてくださいm(__)m

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-人生、終活

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.