Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

合格率98%!終活カウンセラー初級の試験を受けにいってきーたよ

スポンサーリンク

 

 

昨今、終活という文字を所々で見かけるようになりました。

 人生

ブームは過ぎたように感じますがそれでも自分の人生に悔いを残さないために終活をされる方が年々増えているそうです。

 

そこで需要が高まっているのが終活カウンセラーというもの。

 

自身の終焉活動において今を自分らしく生きることを目標としています。

 

終活カウンセラーになるためには代金を支払い試験を受けなければなりません。試験といっても30分。一日のほとんどがセミナーを受けるといったものです。

 

さて、管理人も上司の命令で終活カウンセラーというものを受けに行ったわけですが今回はその感想を書いていきたいと思います。

 

終活カウンセラー初級を受けに行った理由

では早速感想を・・・とその前になぜ僕が終活カウンセラーの試験を受けに行ったのかを説明します。そもそもこの終活カウンセラーという資格。

 

一般社団法人が定めた民間資格で国家資格や公的資格の類ではありません。さらに今回受ける試験は合格率98%という受ければ受かるといっていいほどの資格。

 

今まで僕も色々な資格を取ってきましたがこれほど合格率の高い試験を受けたことはありません。

 

そもそも今となっては資格をとっても仕事に活かすことができなければ何の意味も無い。そういう考えが定着してしまいました。

 

にも関わらず今回、終活カウンセラーを受けることになったのは上司の命令を受けたためです。最初に言っておきます。僕はこの上司が大嫌いです。

 

仕事を放棄して部下に威張り散らすようなそんな人間です。

 

僕は人を嫌いになるのは滅多にありませんがこの方だけは生涯仲良くなろうとは思いません。そして今回も大して調べもせず、他人も受けているからという理由で僕にその試験を受けろというのです。

 

いや、お前が行けよ。

 

心の中でそんなツッコミを入れながらしぶしぶこの試験を受けることになったのでした。もし自発的に受けてみたいという願望があるのでしたら公式サイトがありますのでそちらをご利用ください↓

 

終活カウンセラー協会

 

終活カウンセラーを受けてよかったかもという話

ふざけんな!そう思いながらも必死で試験勉強をする管理人。

 

挑戦するには本気でやらないと気が治まらない性格なので必死に勉強したものです。と言っても事前に送られてくるテキストの内容を覚えるだけなんですけどね。

 

そんなに厚みが無かったので3日で全て覚えられる範囲のものです。

 

そんなこんなであっという間に試験当日を迎えることになりました。はじめに言っておきますが試験の内容はとても簡単でした。

 

ていうかこれ試験勉強しなくても受かったんじゃねって言うくらい・・・

 

ただ今となって思うのが終活カウンセラーを受けて良かったということ。それは講義の内容がとてもすばらしいものだったからです。

 

高齢化が進む中で自分の人生を見出すことができない人がいるのが現状。そこで介護、保険、相続、葬儀の知識を身につけている終活カウンセラーの存在がいかに大切か。

 

それを講義の内容で知ることができました。初級の内容の知識だけではアドバイスまではできません。

 

それでも人生の意味を見出すために人の話を聴いてあげられるような存在がいればそれだけでも心の支えになると思いました。

 

そして僕はこの知識をブログという媒体を使い人生とは何なのかを見出していこうと思います。終活カウンセラーの資格を取ったところで相談相手が来なければ意味がありません。

 

しかしブログという媒体があればそれも可能になります。つくづくブログをやってよかったなって思いますよ。人生の見出し方をブログという媒体でシェアできるのですから。

 

まあ、そういうわけで新たに終活というカテゴリを加えて記事を更新させていきます。もし、終活(介護、保険、相続、葬儀)のことでお困りごとがあればこのカテゴリを参照していただければと思います。

 

それでもご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせください。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る