病気と健康

お酒(アルコール)で胃痛が・・そんなときの正しい対処法

投稿日:2016年8月1日 更新日:

 

お酒を飲むと胃が痛くなるという経験をしたことはありませんか。アルコールを飲むと、食道や胃の内部が熱くやけるように感じます。

 

これは、アルコールが粘膜を刺激しているためにおこる作用が原因。そのため、飲酒の後に胃痛を感じる人も多くいます。

 

今回の記事では、

  • アルコールで胃痛が起きる仕組み
  • その危険性
  • 胃痛を起こさない対処の方法
  • 普段から意識することの大切さ

 

上記の項目について解説いたします。割と大きな病気にも発展する可能性があるのでこの機会にしっかり対策してくださいね。

 

アルコールで胃痛がおこるわけ

胃痛

まずはアルコールで胃痛がおこる詳細の説明から。

 

アルコールの分子は大変小さく、胃の粘膜を通り抜けることができます。そのため、粘膜の表面だけでなく、内部にも刺激を与えてしまい、胃の粘膜自体を弱らせてしまいます。

 

また、アルコールの刺激によって、胃酸の分泌が促されるのも原因の一つ。弱った粘膜にたくさんの胃酸が分泌されるため、胃の粘膜が傷つき、炎症をおこしてしまうのです。

 

これが胃痛の原因となります。

 

飲酒の後の胃痛は、急性胃炎をおこしている状態。この状態が続くと最悪、胃がん胃潰瘍になってしまいます。

 

胃痛のあるときの嘔吐は危険!

嘔吐

お酒を飲み過ぎた後に、嘔吐をすると楽になります。しかし、胃痛があるときに嘔吐をすることをくり返していると突然、吐血することがあります。

 

これは、アルコールによって粘膜が傷ついているところに、嘔吐によって強い腹圧がかかり、その力で胃に裂傷がおきてしまうからです。

 

裂傷がひどくなり、動脈に達すると命の危険もあります。一人でいるときに吐血すると、助けてくれる人がいないまま意識を失ってしまうこともあるので飲み会などの帰りがけには十分ご注意ください。

 

なんとしてでも孤独死は避けたいものです・・

 

すぐに実践できる胃痛の対策

続いて胃痛になった時の対策をあげていきます。どれも簡単にできることなのでしっかり覚えておくと役に立つはずです。

 

胃にやさしいものを食べる

胃の中が空っぽの状態で胃酸が出続けると、胃の炎症がさらに進んでしまうことになります。それを回避するため、胃に負担のかからないものを食べることが大切です。

 

当たり前と言えば当たり前。

 

でも当たり前だからこそ疎かにしてしまうんですよ我々は・・それはさておき、胃に負担がかからず消化がよい食べ物としておすすめなのが卵、牛乳、大豆です。

 

卵は、消化をよくするために、半熟の状態で食べると良いですよ。火を通し過ぎると胃にとどまる時間が長くなってしまいます。牛乳は、胃の粘膜を保護する働きがあるため、すすんで取り入れてほしい食品です。

 

お酒を飲む前に飲んでおくと、胃痛を予防することもできます。少し温めて飲むと胃への負担をさらに減らすことができます。

 

大豆は良質なタンパク質を多く含むため、弱った胃の回復を促進します。

 

豆腐、納豆、味噌、きなこなど、さまざまな大豆製品がが、これらは柔らかく加工されているため、胃への負担が少なくなっています。積極的に食べるようにしましょう。

 

また、脂肪の少ない肉を食べるとこんなメリットが↓

 

大豆製品と組み合わせると、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方を取り入れることができるため、体をつくるために必要な栄養素である必須アミノ酸を効率よくとることができます。必須アミノ酸はバランスよく摂ることで効率よく体に吸収されるので、体に良いんですね。

 

さすが必須なだけある。

 

ツボを押して胃の調子を整える

食べ過ぎや飲み過ぎによる胃の不調は、胃の働きが低下して食べ物の消化がうまくいかない状態です。

 

次に紹介するツボをマッサージすることによって胃の活動を助けたり、消化を促すことで胃痛を和らげることができます。

 

胃兪(イユ)

胃兪

引用:http://kimeyaka-blog.com/premenstrual-syndrome-symptom-4164

 

背中にあるツボで、胃に関わる不調全般に効果があります。特に消化機能を正常に戻す働きがあります。仰向けに寝て、げんこつにした手を背中に入れると当たる部分になります。

 

やさしく、コリをほぐすようにマッサージをしましょう。テニスボールを当てて、その上に寝るような形で刺激するのもよい方法です。

 

脾兪(ヒユ)

脾兪

引用:http://5000blog.com/05/2013/06/04/胃の弱い人は、脊椎の脇に、上から下まで並ぶ胃/

 

胃兪から指2本分上にあるツボです。これも消化を促進する働きがあります。ほかにも便秘や下痢を改善する効果もあります。これも、胃兪と同じような方法で刺激をしていきます。

 

背骨の両側には、このほかにも胃腸の調子を改善するツボが多く並んでいるので、1つのツボを3~5秒程度押したら、順番に次のツボへ移動して刺激をするというようにしてもよいでしょう。

 

背骨の上を押さないようにするのがコツ。

 

足三里(アシサンリ)

足三里

引用:http://二日酔い.jp.net/?p=67

 

ひざのお皿の下の外側にくぼみがあります。そのくぼみから指4本分下にあるツボです。腹痛や下痢、嘔吐に効果があるとされています。ツボに中指の腹があたるようにして、3本の指で押しながらまわすようにマッサージをします。

 

3~5回ほどおこなうとよいでしょう。

 

内関(ナイカン)

内関

引用:http://二日酔い.jp.net/?p=67

 

手首のしわの真ん中から、指3本分ひじ側にあります。胃の不調全般に効果があります。これも、3本の指で優しく刺激しましょう。

 

あまりお勧めできない胃痛の対策

次に胃痛対策としてはごくありきたりで、皆さんも一度は試したことがあるんじゃないかという対策を挙げていきます。

 

と、言ってもこれはおすすめできないというか、痛みを和らげることはできるけどあまり意味が無いのでできれば上記の対策、あるいは後に説明する胃痛を根本的に治す方法を実践していただければと思います。

 

では本題へ。

 

「薬の服用」は確実性があるのだけど・・

即効性を期待するのであれば、薬の服用が手っ取り早いです。胃を修復する働きがあるのは、「銅クロロフィリンカリウム」などが配合されている薬が有名ですね。

 

胃酸が出過ぎていて、胸やけなどをおこしている場合は、「水酸化マグネシウム」や「無水リン酸水素カルシウム」などが配合されている薬を選ぶといいです。

 

また吐き気を止めたいときは「オキセサゼイン」のような鎮痛鎮痙成分が配合されているものを選ぶと良いそうです。

 

ただし、薬は応急処置で使うものであって、胃痛を治したり予防として使うべきではありません。

 

薬は言い方を変えれば「毒」になるわけで、胃痛を緩和する作用と同時に肝臓に負担を与えるという副作用もあるからです。

 

特に胃薬に関しては服用し続けると胃酸の分泌量が乱れ、将来的に下痢や消化不良を引き起こす可能性があります。

 

肝臓さんには元気に働いてもらわないと困るのに、胃薬のせいで負担を与えてしまっては本末転倒です。

 

サプリで胃痛は治らない

お酒で胃痛が起きる場合、一番の対策はお酒を控えることですが、社会で働く以上、お酒の席を免れない場面も多いかと思います。

 

そんな時、一緒に飲んでいる同僚や仲間の方から、「俺はサプリを飲んでいる」という話を一度はしたことがあるかもしれませんね。確かにオルニチンが配合されているサプリは肝臓に良いとは聞きます。

 

しかし、胃痛を引き起こしている時点で肝臓は弱り切っている状態だと判断できます。

 

正直そんな状態でサプリを取っても、胃痛を抑えることは難しいでしょう。ああいうのは症状が出た後に試すのではなく健康維持のために飲むべきものだからです。

 

実際、薬機法によりサプリで効能を謳ってはいけません。本当は効果があったとしてもその表記はだめ。試すにしても確実性が乏しく商品選びが難しいんですよね。

 

まあ飲まないよりかは飲んだほうが絶対に良いとは思いますが・・

 

ちなみにお酒を嗜む方は健康維持のためにこういった対策をとられています。

*くどいようですが、胃痛を治す目的ではありません。

サプリ

 

計算だと3人に1人はサプリやドリンクを飲んでますね。

 

症状がでてしまうと色々我慢しないといけないのが分かっているので、案外こういった対策をしている方が多いということが推測できます。

 

胃痛を根本的に治すためにできること

やはり症状を改善させるためにはいろいろと我慢するのが最も確実と言えます。

 

 特に脂っこいものは胃に負担がかかるのでNG!もちろんお酒もNG(笑

 

とにかく最初は胃に負担のかかる食べ物、アルコールを摂取しないことが大切です。そのうえで日々の運動、質の良い睡眠を心がけることで体内機能(肝臓機能)が回復し健康を取り戻すことができます。世間の人が思っている以上に生活習慣の見直しって大切なんですよ。

 

まあ社会人になると、飲み会とか残業とかストレスとか体に負担をかけるものばかりなので大変なのは分かります。

 

時間ないし、体質改善なんかしたら余計ストレスかかるわってなるのも分かります。

 

余談ですが、ストレスも胃に大きな負担をかけます。我慢することでストレスを感じてしまうとこれまで積み重ねてきたものが無意味となってしまいます。

 

その辺のさじ加減って本当に難しい。だからこそ胃痛という症状が出る前に対策をしておくべきだったのですが過ぎたことを嘆いても状況は変わりません。

 

それでも僕と比べたらまだマシなほうですよ。胃痛という存在が無くてもお酒を飲むことができないんですから。

 

この先お酒を飲めなくなるわけではない

管理人は現在お酒を一滴も飲みません。

 

以前は会社の付き合いや友達との飲み会でよくお酒を嗜んでいました。

 

今となってはお酒を飲みたいとは思わなくなりましたが、本当は好きなんだと思います。それでも僕はアトピーという病気を患っているためお酒を飲まなくなりました。

 

飲むと体が痒くなり、症状が恐ろしく悪化するからです。好きなのに我慢しないといけないもどかしさと言ったら苦痛の何物でもありません。

 

その点、あなたは胃痛さえ治してしまえばいたって健康体(だと勝手に予想)。僕と違って、この先お酒が飲めなくなるわけではありません。だから今は飲みたい衝動を抑え、胃痛を全力で治すことを考えましょう。

 

大きな病気に発展してしまうと一生飲めなくなりますので。

 

お酒を飲むと脳が快感を覚え、気持ちが良いです。仲間と飲むと会話も弾み交流を深めることもできます。

 

確かに飲み過ぎは良くありませんが、メリットもたくさんあるんですよね。

 

先ほど我慢のしすぎはかえって胃に負担をかけ良くないと言いました。どうしても我慢できず、ストレスを抱え込むようなら適度に飲みつつストレスを解消したうえで対策を取るのがベストなのかもしれませんね。

 

そこで期待できそうなのが以下のアイテム↓

 

医薬部外品の「イツラック」をお試しあれ

上述した通り、医療機関や市販に置いてある胃薬は応急処置で使用するものであって継続して服用するべきものではありません。

 

そこで、「イツラック」という医薬部外品の服用をご検討ください。(さらっと紹介してますが、めっちゃ時間かけて一番良さそうなものを選びました。)

 

医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間に位置するもので、医薬品より作用は弱いものの、副作用が少なく人体に緩やかな改善をもたらすことのできるモノを言います。

 

副作用が少ないと言いましたがイツラックは東洋医学に基づいて開発されています(漢方薬に分類される)ので副作用の心配がなく、継続して飲み続けても問題ありません。

 

且つサプリのように改善効果が曖昧なものではなく、厚生労働省より改善作用があることを認可された医薬部外品ですので安心して試すことができます。

 

お酒で胃痛が起きるということは、アルコールに弱いか、体の機能が低下していることが予想されます。医薬品である胃薬で負担を増やすよりかは副作用もなく緩やかに胃痛を和らげてくれる「イツラック」を服用したほうが賢明です。

 

対策を怠って胃がんや胃潰瘍にでもなったら大変ですし、びくびくしながら飲むお酒なんておいしくないじゃないですか?

 

かと言って我慢のしすぎは(以下省略

 

まあほどほどにが一番ってことですね。公式によればイツラックの満足度は93%。試してみる価値は十分にあると思います。以下公式サイトのリンクになりますので試すのであればこちらから↓

 

【イツラック】

 

まとめ

ご紹介した方法を試していただいて、胃痛が軽減されても、まだまだ胃は弱っている状態です。

 

飲酒による胃痛をくり返すことで、大きな病気を引き起こす危険もあります。体を十分にいたわってお酒を飲むようにしてくださいね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

このくそつまらない世界に祝福をもたらすために自分には何ができるのかを書いた記事もありますので良かったら読んでみてくださいm(__)m

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康
-

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.