管理人やまや
ご訪問ありがとうございます。生まれたときからアトピーでぼっち。借金地獄の渦中にいる当ブログの管理人”やまや”です。それでも前向きに生きていますので興味を持っていただけたら幸いです。

イラスト(デジタル)

0から始めるipadでのイラスト計画(procreate)

投稿日:2019年1月10日 更新日:

30歳手前で無職の管理人やまやです。

 

現在かろうじてブログや投資の収益で生活を賄っていますが、この先安定して収益をあげられるかというと全く自信がありません。

 

さらにこれといった特技も持ち合わせておりませんので収益の柱が壊れると一気に生活が危うい状況に陥るでしょう。

 

なのでこれを機にイラスト(デジタル絵)を制作し、ブランディングをしていくという考えに至りました。

 

正直30手前にして0からイラストを始めるには遅いと感じますが、やる前からあきらめるのは嫌いなので死力を尽くして頑張っていこうと思います。

 

1年放置してたipadでイラストを描く

 

問題はイラストを描くにあたっての機材ですが、今の時代アナログで勝負するにはプロに追いつけないと考えデジタル絵での制作に取り掛かろうと判断しました。

 

まあ、イラストで収益をあげて生活を賄うという考えはありませんが、プロになるという意気込みでやらないと上達は見込めないと思います。

 

世の中絵師なんて腐るほどいますからね。

 

やるなら本気です。

 

そんなわけでデジタル絵を制作にするにあたり、必要機材は何がいるのかを色々調べたところ、現在はipadでもプロレベルのイラストが描けるとのことでそれを使っていこうと思います。

 

ちょうどバンドリというゲームにしか使っていなかったのでもったいないと感じていたし・・

 

まだ初めて1か月しかたってませんが、適度な難易度で内容も面白くはまっております。

バンドリ

 

余談はさておきあとはイラストを描くペンとイラストを描くために必要なアプリを用意するだけで絵を描くことができます。

 

僕が採用したツール→ペンはアップルペンシル、アプリはprocreate(1,200円)です。そしてバンドリにしか使っていなかったiPadpro12.9インチ!!

 

ほかにも優秀なアプリはありますが、とりあえずイラストを描く上でprocreateを使えば間違いないと多数のサイトで書いてあったのでこのアプリにしました。

 

人によって合う、合わないがありますので、その辺は実際に使ってみて使用感の良いものにしたらいいと思います。

 

イラストを描く前にアプリの仕様を把握しないと困る

 

よし、デジタル絵を制作するツールはそろったので早速イラストを描いてみよう・・

 

と、意気揚々とペンを握りキャンバスに色をつけるものの。

イラスト

 

何を描いたらいいのかわからない。(でも書き心地はかなりいいですな。)

 

それ以前にツールの使い方や用語がわからず混乱してしまいました。

 

なのでまずはアプリの使い方や用語は一通り覚えたほうが良さそうです。

 

備忘録としてざっくりとした用語、設定、ショートカットの仕方なんかを載せておきます。

 

メイン画面のアイコン説明

 

まずはメイン画面の説明から。それぞれどんな機能があるのか確かめてみましょう。

procreateメイン

ブラシサイズ・・現在選択しているブラシのサイズを調整できます。カーソルを上下に移動させることで大きさが変化します。

ブラシの不透明度・・現在選択しているブラシの不透明度を調整できます。カーソル上下で透明度が変化します。

設定・・キャンバスの設定やショートカットの設定ができます。

調整・・キャンバス全体の色などを調整することができます。ぼかしやゆがみなどを使いイラストに変化を加えることもできます。

選択・・任意の場所を選択することができます。特定の場所の色を変えたり位置を変えたい場合などに使用します。

変形・・選択した個所を変更することができます。主に選択ツールで選択した個所の大きさを変えたり移動させたいときに使用します。

ブラシ・・ブラシの種類を変更できます。ラフ画、線画、塗りなど適宜に変更することできれいなイラストに仕上がります。

ぼかし・・色をぼかす際に使用します。例えば影などの境界線をぼかしたいときに役立ちます。

消しゴム・・使用箇所を消すことができます。

レイヤー・・ラフ画、線画、色などを分けて書く際に使用します。こうすることで編集が楽になります。

・・現在選択されている色を表します。選択することで色を変更することができます。

 

ざっとこんな感じです。まずはアイコンが表すものが何なのかを知っておくと後の作業がぐっと楽になります。

 

あとはポチポチ押してどんな機能が備わっているのかを確かめると良いでしょう。

 

ブラシの詳細設定

 

何と言ってもイラストを描く上で大切なのはブラシの種類でしょう。

 

ブラシを選択するとわかりますが、かなりの種類があることがわかります。

ブラシ設定

 

procreateではブラシの設定をそれぞれ変えることができるので自分に合ったブラシを見つけて調整していくといいでしょう。

 

んー詳細の設定を見てもイラスト初心者にはよくわからん・・

 

そんなわけでサクッと調べてきました。

ブラシ詳細

 

間隔・・ブラシの間隔を調整することができます。

ストリームライン・・流線を意味しますがパーセンテージを上げることで線が滑らかになる補正がつきます。

ジッター・・映像などの乱れを意味しますがパーセンテージを上げることで線が拡散します。

フォールオフ・・スポットライトの光が淵に向かって減衰することを意味しますが、パーセンテージに応じて線の長さと透明度が変化します。

入りと抜き・・ブラシの書き始めを入り、書き終わりを抜きと言います。設定を変えることで線の強弱をつけることができます。

 

ブラシ詳細

 

基本はこんな感じでしょうか・・

 

下段にあるシェイプやグレインなどは初めのうちはあまり触る必要はない(よくわからない)と思うのでカット。

 

イメージ的にはシェイプはペン先、グレインはカーボン紙といったところでしょうか。

 

自身でブラシをカスタマイズする際はこういったところの設定をすると思いますが初めのうちは既存のブラシで書く練習をしたほうが良さそうです。

 

基本的操作と自分が使いやすいショートカットの設定

 

とりあえず上記の仕様を理解することができればあとは練習あるのみです。

 

デジタル絵はレイヤーの使い方を極めることでよりクオリティの高いイラストに仕上がるといわれていますが、初めのうちは使い方すらわかりません。

 

なのでまずは基本操作、操作をする上での手間を省くショートカットを覚えイラスト制作かかる時間を削ることで、制作時間が増え上達のスピードも上がってくると思います。

 

僕もさっそくショートカットで作業を簡略化させたいと思います。

 

基本操作はブラシの設定、あとはキャンバスの拡大、縮小、選択、変形を覚えればよいかと思います。

 

拡大、縮小の仕方はスマホと同じような感覚で画面に2本指でピンチイン、ピンチアウトするとできます。

拡大、縮小

 

指を広げると拡大、狭めると縮小。またその状態でスワイプすると任意の場所に移動することができます。

 

やり直しは2本指タップでできます。

 

レイヤーについてはまた修行を積んで解説出来たらなと思います。

 

ショートカットの仕方はとても簡単

 

イラストを描く上でアイコンをタップしてブラシを選択、修正するときもまたアイコンをタップして消す。

 

なれるとそんなに作業時間はかかりませんが、より効率的にイラストを仕上げるためにショートカットを覚えておくと便利です。

 

設定方法はとても簡単。

 

設定アイコンをタップしジェスチャーコントロールを選択。

ショートカット

 

よく使う機能をタッチ、□をタップなど設定できますので自分がやりやすい設定に変えるだけでショートカットできます。

 

僕はアップルペンシルを使っていますがほかのペンツールだと設定が異なる可能性があります。

 

また、クイックメニューを設定しておくと視覚化できるのでこの機能を使うとより効率的になるかもしれません。

クイックメニュー

 

初期設定はこんな感じですが変更したい個所を長押ししてあとは任意の設定に変えるだけで次回クイックメニューを開いたときに設定どおりのボタンに変更されます。

クイックメニュー

 

よく使うブラシなどをクイックメニューでセットしておけばさっと切り替えられて便利ですね。

 

イラストを上達させるためには模写がいいらしい

 

以上、0から始めるにあたってまずはアプリの使用を理解することが上達の近道になるという話でした。

 

あと何を描けばいいのかわからないわけですが、とりあえず塗りは後回しにして線画をマスターしたいですね。

 

人物の部分的なところをひたすら描いたり一度アニメなどの画像を模写してみたり・・

 

これをひたすら繰り返すことでオリジナルの絵が描けるようになるのだと思います。

 

知らんけど。

 

早速僕がアニメ絵の中で一番かわいいと思っている「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」のヒロイン「由比ヶ浜結衣」を模写したいと思います。

 

できたらアップしよ・・化け物がでてきそうですが最初だから許して。

 

2019年1月12日・・結衣ちゃん描いた・・

 

下書き↓

由比ヶ浜結衣下書き

 

ペン入れ↓

由比ヶ浜結衣ペン入れ

 

だれだこいつ・・僕の知っている由比ヶ浜結衣じゃない!!絶対「やっはろー」って言ってくれない。

 

時間をかけた割にはあまり似ていないので模写は難しいですね。塗りはある程度線画がうまくなってからやるとして見ないでもキャラをかけるレベルにはしたいかなと思います。

 

道のりは長い・・

 

では今日はここまで。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

コメントいただけると喜びます。*ウェブサイトは空白可。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-イラスト(デジタル)

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2019 AllRights Reserved.