管理人やまや
ご訪問ありがとうございます。生まれたときからアトピーでぼっち。借金地獄の渦中にいる当ブログの管理人”やまや”です。それでも前向きに生きていますので興味を持っていただけたら幸いです。

僕の気まぐれ日記

今Vtuberが人気を集めているけど今後はどうなるかを考える

投稿日:

 

今日はVtuberのお話。

 

以前からYoutubeの界隈が盛り上がっているというは周知の事実。その派生としてVtuberなる存在がでてくるようになりました。

 

「V」はバーチャルを示しますが要は実際の人物の代わりにアニメ風のイラストやCGがメインとなり動いたり話す様子を動画化するわけですね。

 

2016年、「キズナアイ」が元祖と呼ばれており、そこから徐々にVtuberが誕生していきました。

 

今では人気のVtuberがテレビに出たりとYoutubeだけでなく多方面で活躍し人気を集めています。

 

興味があれば一度見てみよう

僕はどちらかといえば動画よりもライブ配信をよく見ます。

 

Youtubeは動画投稿での再生という印象が強く(ライブ配信もあるにはあるけど)、にこ生やオープンレックをよく見ます。

 

Youtubeもライブ配信のジャンル詳細設定、視聴者の多いライブのランキング設定などあれば見やすいんだけどな・・ってどうでもいいですね。

 

どうやってVtuberを見つければいいのか・・

 

以下のサイトでは人気のVtuberランキングが掲載されているのでそこをのぞいてみるといいでしょう。

Vtuberランキングサイト

 

これからVtuberを目指す方にとっても参考になると思います。

 

今後Vtuberはどうなっていくのか?

ここから本題。

 

まあ未来のことなのでVtuberが今後どうなるのかは実際にその時を迎えてみないとわかりません。

 

ただ予測するのであれば今後も需要は伸びていくのではないかと思っています。

 

冒頭でもお話しした通り、今ではYoutubeの枠を超えて様々な媒体でYoutuberやVtuberが活躍しています。

 

なぜテレビやCMでこういう人たちが採用されるのか?

 

それはまぎれもなく利用者が既存のコンテンツに満足していないとまではいいませんが見慣れてしまったからです。

 

人は新しいものを求めたがりますからね。

 

実際にテレビの視聴率の低下の原因は内容自体に面白みがなくなってしまったから。

 

同時に様々な媒体(にこにこ動画、Youtube、ツイッチ、オプレク)でコンテンツを楽しむことができるようになったのもその理由の一つになるでしょう。

 

なので企業は試行錯誤し、どんどん新しいものを取り入れ始めているわけですね。

 

まあ採用されやすいのは実際に顔出しをしている配信者だとは思いますけど。

 

それでもそういったチャンスがあるのは間違いありません。

 

Youtuberは顔+個性で売っていくのに対し、Vtuberはキャラの魅力+個性で売っていく必要があります。

 

キャラの魅力に関しては一度作り上げてしまえば一生それを活かすことができます。

 

逆に言えばそこが活きなければ個性で売っていくしかありませんので最初が肝心です。

 

視聴者の観点で考えればわかると思いますが、まず見た目で見てみようかどうかの判断をする人が多いので。

 

これから始めてみようという方はとにかく見た目に全力を注いでください。

 

以前よりもVtuberの数は増えたとはいえ、まだまだ隙間はあるので始めるなら早いほうがいいです。

 

動画やライブ配信はしたいけれど顔を出すのは抵抗があると思っていた方もVtuberであれば参入障壁も低くていいでしょう。

 

人気Vtuberになるための施策

Vtuberになりたいと思っていても実際になるにはそれなりの準備が必要です。

 

まずキャラの作成、モデル(自分)とキャラの動きを同期させる機器、配信ソフト、その他もろもろ。

 

始めるまでに結構時間がかかるのでここで挫折する方も多いようです。

 

それにいざ初めて動画やライブ配信をしたはいいけど人が全く集まらずに終わってしまうなんてことも・・

 

そもそもVtuberになってどうするのか?

 

人を集めて広告収入を得たい、承認欲求を満たしたい。

 

目的は人それぞれだと思いますが、もしも僕が始めるのならやはり広告収入を得てお金を稼ぎたいというのが目的になりますね。

 

余談ですが、YoutuberやVtuberは個人でできることなので言ってしまえばブログを書いている僕とさほど変わりはありません。

 

集客する媒体が違うだけでお金の稼ぎ方は似ているわけです。

 

なのでどうすれば人が集まるのかはある程度心得ておりますのでこれからVtuberを目指す方は参考にしていただけたらと思います。

 

ただ細かく書くと膨大な情報量になってしまうのでかなり簡略化して書きますw

 

その施策をリストにしたものが下記の通り↓

 

  • ツイッター、フェイスブックなどの媒体で専用アカウントを作る
  • 投稿の際はアカウントを載せる
  • チャンネル登録を促すボタンを最後に紹介
  • SEOのお勉強
  • 企画に参加する
  • 継続する

 

ぱっと挙げただけでもこれだけの施策があります。

 

まだいくつかの方法(広告など)もありますがとりあえず上記の施策をお勉強して実施すれば徐々にチャンネル登録者が増えるはずです。

 

ここで上記で挙げた施策を簡単に説明するのでイメージだけでもつかんでおきましょう。

 

ツイッター、フェイスブックなどの媒体で専用アカウントを作る

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの媒体は自分を宣伝するのに使えますのでアカウントを作っていないなら作っておきましょう。

 

ファンが増えることでフォローしてもらい、そのファンの方が動画の投稿や配信を拡散してくれるケースもあるので作っておいて損はありません。

 

投稿の際はアカウントを載せる

動画の投稿をすればわかると思いますが、投稿の際はその動画にタイトルをいれ、説明欄に文章を書き加えることができます。

 

その説明欄に自身のTwitterなどのアカウントを載せることで集客アップにつながります。

 

チャンネル登録を促すリンクも作れるのでそちらを貼るのも一つの手です。

 

チャンネル登録を促すボタンを最後に紹介

Youtubeで動画を見たことがある方は知っているかもしれませんが最後にチャンネル登録を促すボタン(アノテーション)を配置するのは非常に有効です。

 

個人を売るわけですから初めて自分の動画を見に来てくれた方をリピーターにすることでアクセス数を稼ぐことができます。

 

アクセス数は収益と比例するのでアクセスが増えれば増えるほど収益も増加していきます。

 

ボタンは公式で簡単に作ることができるので覚えておきましょう。

 

SEOのお勉強

SEOと言っても何のことだとわからない方も多いかもしれませんが、アクセスを集めるためには必要な施策なのでこの言葉も覚えてください。

 

単に動画を投稿するだけでは人の目に触れられることはありません。

 

投稿のジャンルやタイトルの設定、キーワードの設定、メタディスクリプションの設定、関連動画の表示などなど。

 

ブログやサイトのように複雑ではないので少し勉強しておくだけで動画内容が似通っている初心者Youtuberを一気に追い越すことができるはずです。

 

企画に参加する

Vtuber同士が参加できる企画ってあるじゃないですか。

 

マリカー優勝決定杯とかスマブラトーナメントとか。

 

そういった企画があったら参加してみるのも一つの手です。

 

そういった企画を立てるのは有名な方が多いので上位に食い込めば注目度があがりチャンネル登録をしてもらえるかもしれません。

 

継続する

継続は力なりという言葉があるように一番大切なのは継続して動画を投稿することです。

 

上記で上げたSEOでもこれが一番有効となります。

 

最初のころはどうしてもチャンネル登録やアクセスは集まりませんがそこでやめてしまってはもったいないです。

 

僕自身も最初のころは全くアクセスは集まりませんでしたが記事を書き続けることで徐々にアクセスも集まるようになり一時期は月10万アクセスを集めることができました。

 

更新さぼってたので今は月2000くらいだけどね!!やっぱり継続って大切なんだと改めて実感させられました。

 

そんなわけで挫けず頑張ることですね。

 

どんな動画や配信に需要が伸びていくのかを考えておく

以上、Vtuberの今後の予想と最低限の施策のご紹介でした。

 

何をするにしても今始める人とすでに始めている人とでは集客数もアクセス数にも雲泥の差があります。

 

なので今需要があるからといって同じ内容で攻めても上位勢に喰われ泣く泣くその道を断つ方がごまんといます。

 

これは何にしてもそう。

 

今からブログをやろうと思っても既存のジャンルで結果を得るには相当の努力が必要です。

 

もちろん人気ジャンルを責めたほうが良いに越したことはありませんが、切り口を変えるなどの工夫をしなければ廃れていくのは目に見えています。

 

守破離という言葉があるように、まずは既存のコンテンツを参考にし充実に吸収したことを実践。

 

それから学んだことを応用させ、最後にオリジナリティを生み出していく。

 

歌いながらゲームするとか、デイトレしながら雑談するとか、自分の特技を活かした配信が個性となって需要が高まります。

 

アクセスが集まるようになって満足するのではなく、さらにアクセスを集めるにはどうしたらいいのか。

 

何か新しい方法はないのかを常に考えながら実践していけば時代に取り残されず脚光を浴び続けられるのではないかと思います。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

コメントいただけると喜びます。*ウェブサイトは空白可。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-僕の気まぐれ日記

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2019 AllRights Reserved.