仕事と勉強のこと

コミュ障でもOKな仕事とそれを克服する方法

投稿日:2016年1月22日 更新日:

 

社会で働く上で必須のスキル、それがコミュニケーション能力、です。

 

では僕のようなまともに人の目も見れず人と話すのが嫌いな人間はどうすればいいのでしょうか?

 

解決策として2つ。

 

それはコミュ障でも当たり障りのない職に就くか、コミュ障でも円滑に仕事をするか。

 

そのどちらかになると思います。今回はコミュ障でも働ける環境とコミュ症でも仕事を円滑にする方法を考えてみたいと思います。

 

コミュ症を克服する必要ってあるのかな?

会話

どんな職場でもコミュニケーションはとらなければなりません。

 

仕事を円滑に進めるためにはこのスキルを一通り身につけなければならないのです。

 

だからこそ、コミュ障を克服したいわけです。ただ個人的にはコミュ障も立派な個性。無理に自分を変える必要は無いと思っています。

 

それよりもコミュ障でありながらベストパフォーマンスを演出するにはどうすればいいのかを考え実行したほうが、気が楽ですし個性を活かすことができます。

 

とは言ってもコミュ障を克服することで得られるメリットもまた大きい。本気で克服したいと思うのならそこに努力を捧げても良いでしょう。

 

ではどうすれば克服できるのか?

 

もうそれは積極的に人と話すことを意識するほかないと思います。

 

テクニック的なものは必要ありません。

 

そんなノウハウを学んでもそれが実際にできる人はいないし実践したいという気持ちにそもそもなりませんからね。とにかく自分からコミュ障を克服したいと強く願わない限りは克服は無理です

 

僕も一時は人と積極的に関わるために、接客業の仕事をしてみたりオンラインゲームでスカイプをつないだりして克服をはかりました。

 

 

 

確かに表面上では普通の方と同様に会話ができるようになりましたが、それでも言葉一つを発現するにしても不安になったり嫌われたらどうしようとあれこれ考えてしまいます。正直疲れるのなんのって・・

 

嫌われる勇気って大切

果たしてこんなことに労力を割いてまで得られるものはあるのか?

 

自分を偽って生活するくらいならありのままで居ても良いのではないか?

 

別に人から嫌われても良い。自分の人生なんだから自分のために生きていけばそれでいい。

 

そう考えるようになってからは特に克服を意識しなくなりましたね。

 

正直ね、”人はどのようにして生活が成り立っているのか”を考えると人と人とが支え合って社会ができていると思うんですね。

 

そのうえでコミュニケーション能力が無いとその生活にも支障が出てしまいます。

 

それでも自分を偽るのは嫌。無理をせず、コミュ障でも生きながらえるにはどのように生きていくかを考えたほうが自分のためになるかなと。

 

生活していくためにはお金が必要でその源となるのが仕事です。

 

今の時代、個人の力でお金を稼ぐことも難しくなくなりました。そんな僕も個人でサイトを制作してそこに広告を貼って得られる収入である程度のお金を稼がせてもらっています。

 

今は色々あって個人事業主兼、派遣社員なんですけどね。

 

完全に1人だと心が弱い僕には苦痛。ただ人と関わるのが苦手でもあるのでいい距離感で働くことができる派遣を選択。

 

子の働き方があっていたようで、今は毎日が充実しています。

 

もしも自分を変えたくない。変えなくとも苦痛を感じることのない生活を送りたいなら、まずは嫌われる勇気を持つと良いかもしれません。

 

過去にそういった記事がありますのでそちらを合わせて読むと何か参考になるかも↓割とご好評(笑)

嫌われる勇気を持つことで得られるメリット

 

コミュ障でも働き方を変えれば負担が少なくなる

こんな感じで別に無理してコミュニケーション能力を高める必要は無いと謳っている管理人。

 

自分に合った生き方を選んだほうが後々得られるものも大きいです。

 

今働いているところが苦痛。ならいっそのこと辞めてしまえばいい。僕もそうして今を楽しんでいます。

 

責任感のある方だと辞めてしまうことに抵抗があるかもしれませんがそんなのは自分を犠牲にするだけ。

 

仕事のために人生があるんじゃなくて人生のために仕事がある。

 

なら無理に変な理由を自分に言い聞かせなくても自分のやりたいようにやるのが一番です。

 

てなわけで、コミュ障なりに働きやすい職種は何なのか?コミュ障の達人がお教えしよう。

 

事務職

コミュ障の方に一番現実的でおすすめの職。それが事務職です。

 

確かにコミュニケーションを取らなければならない場面もありますが基本事務作業なので仕事に支障をきたすことはありません。

 

ただ男性の場合は若干、不遇なので就職しようと思ってもなかなかできない可能性があります。僕の場合は逆で高卒で男性のみの事務職員を求人しているところがあり運よくそこに就職することができました。

 

会話はあまりしなくてもいいしこつこつとした作業がメインなので僕には合っていました。今となっては何で事務職の仕事を辞めてしまったのだろうと後悔しています。

 

イラストレーター

芸術の才能があるのならイラストレーターになってもいいかも。大きく稼ぐこともできる夢のある仕事ですが実態は年収200万以下の方が過半数を占める厳しい世界。

 

5年以上働いてようやくそのラインをこえるかどうかというところです。

 

そんな辛い期間を乗り越えるならコミュ力を上げて営業職に就いたほうがまだマシだと思うかもしれません。

 

ライター

世の中の出来事を記事にするライター。仕事内容は雑誌や編集者から依頼を受けその指示に沿って記事を作成する仕事です。

 

ただ媒体も色々あり雑誌、書籍、WEB等、種類が豊富なので自分のスタイルに合わせて仕事ができそうです。

 

どうしても受注形式であるために給料の安定化は難しいですが名前が売れてくると高単価の仕事を受け持つことができます。これまたそこまでに行くのが大変ですがプロになれば高収入も夢ではありません。

 

なかでも個人が手軽に記事を執筆してお小遣いを獲得できる在宅ライターサービスは魅力的です。

 

記事投稿数を重ね評価が高まれば高単価の案件も獲得可能です。

 

交通調査

ひたすら車の通行量を測るお仕事。指定された時間、場所でただひたすらに車の台数をカウントするだけの単純作業です。

 

単純ですがずっと車が通過するところを見なければならないので案外それが苦痛になったりします。また自給換算にするとそれほど高い給料をもらうことはできません。

 

それに正社員という形式で募集しているところもあまりないのでバイトという形式で仕事をすることになります。

 

夏は炎天下、冬は極寒。短期的にやるのなら気候が安定した時期がいいですね。

 

アフィリエイター

単純にいうと物を紹介してそれが自分の媒体から売れるとペイが入るアフィリエイト。それを専門にやっている人のことをアフィリエイターと言います。

 

記事を書くこととしてはライターと似ていますが記事を書いただけではお金になりません。記事を書いた上で紹介する物(サービス)が売れなければお金にならないのです。

 

かくいう管理人もアフィリエイトをちょびちょびやっています。収入は数万円になりますがそれを専属でやるにはまだまだ月日がかかりそうです。(現在は数十万です。)

 

ただライター同様に一度軌道に乗ると収益がぐんと伸びるので捨てたものではありません。

 

コミュ障でも行動は早いほうが良いよ

上記ではコミュ障でもOKという仕事を紹介したわけですが、探せばそんなのはいくらでもあります。

 

ただ完全に人と関わらないような仕事はあまりないと思います。

 

結局は仕事は自分の生活と人のためにあるものなので、人とのつながりを断ち切ればビジネスは成り立ちません。

 

どんな仕事もだれかの役に立っているから存在するのです。

 

職場で人と関わる機会は少なくても、多くの人の役に立っていることを自覚してください。

 

その中で自分の仕事に誇りと情熱がもてるのであれば、これほど素晴らしいものはありません。

 

自分に合っていて、自分だからこそできる仕事。そんなところで働けたら良いですね。

 

さーて、今の仕事を続けるかどうかは個人の自由ですが行動は早いに越したことはありません。

 

悩んでも前に進みません。時間だけが過ぎ去ってしまいます。失われた時間は取り戻すことはできません。

 

残るのは後悔のみ。確かに行動することにリスクはありますが、このまま動かないことで潜んでいるリスクもあるわけで。

 

それに気づいたころには行動するエネルギーが無くなってしまっていることもあるわけで。

 

お金が底を尽きたり、体を壊してしまったりね。

 

だからその前に行動する。リスクはありますが、準備に時間をかければそのリスクを最小限に抑えることはできます。

 

あらかじめ1000万貯金したり、職場をネットで調べまくったり、やりたいことを生業にするために専門書を買ったり色々。

 

自分に合った職なんてのは実際やってみないと分かりませんが、今働くことに苦痛を感じているのなら間違いなく自分には合っていないと言えるでしょう。

 

先述した通り、どちらを選択するかは自由ですがもっと自分のことを考えて生きてもバチは当たりませんよ。

 

というわけで今日はここまでヾ(・・ )

 

p.s

働き方については僕の経験をもとに、下記の記事セレクションに詳しく書かれていますのでそちらも合わせて読んでいただくと喜びます。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

このくそつまらない世界に祝福をもたらすために自分には何ができるのかを書いた記事もありますので良かったら読んでみてくださいm(__)m

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-仕事と勉強のこと

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.