人生、終活

人生詰んだと思うのはまだ早い!起死回生の5つの対策

投稿日:2016年3月5日 更新日:

 

人生詰んだ。

そんなことを思うのはそう滅多にないことなのですが、どうしようもないときは必然的にやってくるものだ。

 

やるべきことはやった。それでも結果がついてこない。

果たしてこれからどのようにして生きていけば良いのだろう。

 

生きる意味を教えてください。

 

管理人も以前は絶望の淵に立たされていました。

努力をしてきたつもりでもそれが報われることはありませんでした。

 

果たして本当に努力は報われないの?いや分かってる。

 

報われないのではなく努力が足りないか努力の方向性が間違っているか、そのどちらかであるという事は。

 

分かってはいるけどそれから何をすればいいのか分からない。

 

自分が立っている所は一本の渡り綱の上。一歩踏み違えば地獄に落ちる。そんな状態で冒険なんてできるわけがない。

 

もう人生詰んだ!まさにこの言葉が当てはまるのです。

 

それでも今を変えたい、そんな願望を心に秘めています。これって強欲なのかな。

 

強欲でも何でもいい。今回は今を変えるために、人生を詰まないようにするためには何ができるのか?それを考えてみたいと思います。

 

1.なぜ今のような状況に陥ったのか考える

今を変えようと思ってもなぜこのような状態に陥ったのか分からなければ対策のしようがありません。

 

今の状況を作り出したのは間違いなく自分自身。

 

因果応報の法則で成り立っているものです。それはつまり過去を振り返れば今の状況を作り出した原因は必ずあると言い変えることができます。

 

  • 借金ができてしまったのはなぜ?
  • 家族が壊滅状態になったのはなぜ?
  • 病気になってしまったのはなぜ?

 

一つ一つ自問自答し、深く考えれば分かることです。まずはこうなった原因は何なのかを考えてみましょう。

 

考えてみると結局その問題から逃げていたことに気づきながらも、対処するのを放棄して、またその問題にぶつかっていたことに気が付きます。

 

2.情報整理をする時間を設ける

なぜこのような状況を作り出してしまったのか?

 

その原因を探そうとしても答えがなかなかでないこともよくある話です。もしかしたらそれは自分の身に色々ありすぎて脳が整理しきれていないのが原因かもしれません。

 

まずはしっかりと時間を作ること。

 

必要な情報と必要ではない情報を適切に判断することです。その判断力を養うためには多くの情報を得る必要があります。

 

ネットや書籍など今は色々な媒体がありますのでできるだけ多くの情報に目を通してみてください。

 

なかにはこれは違うだろって言う情報もありますが多くの情報を見続ければ自然と判断力が養われ正しい判断ができるようになるはずです。

 

焦れば焦るほど視野は狭まります。時間のあるときに気持ちを落ち着かせ情報整理を心掛けましょう。

 

時間がなければ自分で作り出すしか方法はありません。

 

人生詰んだーって落ち込む暇があるのなら、その無駄な時間を情報整理の時間にしてしまいましょう。←ブーメランだけど

 

3.人生設計

多くの情報に目を通してきた方は判断力が身についているはずです。

 

なぜ人生が詰んでしまったのかもぼんやりと分かってきたのではないでしょうか。

 

それができたら次にすることは人生設計です。

 

今を変えるためには今までの行動を変えなくてはなりません。過去の過ちの原因を追究し、それを元に人生を設計していきます。

 

過去を悔やんでも何も変わりませんが、過去を振り返ることで人生を変えるきっかけは生まれます。

 

2.の情報整理はいわば過去の自分を振り返る時間なんですよね。

 

人生詰んだ!って嘆くくらいなら新たな人生を掴むために何をしなければいけないのかをしっかりと考えましょう。

 

さて過去記事に僕の人生設計図がありますのでそれを参考にしてみるとあなたを変えるきっかけになるかもしれません。

これから生きていく僕の人生設計 

 

ただ真似をして人生をやり直すようなことはしないでください。自分が時間をかけて自分自身の人生設計をしなければ意味がありません。

 

今の状況を作り出したのは自分自身、原因も人それぞれ違いますので。

 

4.設計図を元に行動する

人生設計が終わったら後はひたすらその設計図を元に行動するのみです。

 

最初はあまり深く考えずにただがむしゃらに行動するだけでOK。何かしらの行動をすれば結果は必ずついてきます。

 

ぐだぐだする暇があるのならさっさと計画を実行に移しましょう。なあに、今が人生詰んでる状態なのですから何をしようと状況が悪化することはありませんよ。

 

もし悪化するようなことが起きているのならそれは上記の1.2.3の工程を踏めていないということ。

 

計画を実行するには勇気が必要ですが、しっかりと時間を割けば失敗することはありません。

 

そもそも人生に失敗なんて存在しないのです。それは経験であり自分の人生の糧となるもの。

 

「世の中に自分で試してみないことで分かることなんて一つもない」

 

こんな言葉があるように自分で試してみないことにはえら得るものは何もないのです。

 

現にそうしなかったからこそ、今の自分がいるわけで・・

 

「本当に危険なのは何もしないことだ」

 

こんな言葉があるように、何もしてこなかったから今、人生が詰むという危険に瀕しているわけですよ。

 

だったらやることは一つ。

 

この状況から抜け出すためには行動するしかないのです。

 

 5.世の中”金”があればどうとでもあることに気づく

人生が詰んだ原因を考え、その答えを多くの情報をヒントに打ち出していく。

最終的な答えは人生設計に書いていく。

あとは実行するのみです。

 

ただそれができたとしても必ずしも人生を良いものにできるとは限りません。

 

確かに行動すれば結果は変わるものですが、それが良い結果にならないこともあるということです。

 

それでもその結果は自分の糧になるもの。

 

ある程度計画に沿ってできる限りの行動をしたのなら次にやることは過去を振り返ることです。

 

行動を変えたのに結果が変わらないのはなぜか?

 

必ず結果が変わらないことにも原因があります。1~4の工程を踏んでいれば過去を振り返ることでその原因も自ずと分かるようになっているはず。

 

ちょっと躓きそうになったら一度立ち止まり、時間を費やしてでも原因を追究するようにしてください。

 

あ、肝心なのはポジティブにです。

 

そもそもポジティブシンキングであれば人生詰んだなんて思うことはありません。

 

そういった考えを持っている人は失敗を失敗と捉えずに経験だと思います。

 

まじですげえですよ、こういう考えができる人は。

 

今回紹介した1~5の工程がなくても人生がうまくいくのです。

 

それこそ金を生み出す手段を見つければ大抵どうにかなる。

 

だって人生詰んだって思う時は金が無い時ですから。

 

お金さえ持っていれば解決策はいくらでもある。逆にお金が無ければ行動するにしても限度がある。

 

会社にリストラされたり、病気で働けなくなったり。仕事をしなければお金をもらう手段が絶たれます。

 

ただ今の時代、仕事と言ってもバリエーションが増えましたので働けない状態でもお金を生み出す手段はいくつかあります。人生詰んだって思う時にそれらの手段を探すのではなく、ある程度リスクを予知し、事前に行動をしておくべきです。

 

とまあこんなことを言ってももう遅いのは百も承知。

 

これから人生を好転させるために、まずは必至で職を探し、それと同時進行でお金を生み出す手段を見つけ実践に取り掛かるとある程度は生きながらえることができるでしょう。

 

実際管理人は働くのが嫌で事前にそういう情報を集めていました。

 

FX、株、アフィリエイト、不動産収入。

 

そのうち僕が実践したのはFX、株、アフィリエイトです。やってみて分かったことですが、FXなどの投資はある程度の資金をあらかじめ用意しておいた方が良いですね。人生が詰んだ状態でやるのはリスクでしかありません。

 

その点、アフィリエイトはほとんど出費をせずに始めることができるので、人生を好転させたいなら初めてもいいんじゃないかと思います。

 

もちろん、簡単に収益かなんてできると思ったら大間違い。それ相応の作業量と時間、忍耐力が必要になりますので甘っちょろい考えで始めることだけはしないように!

 

この世からいなくなるのが怖いから生きるしかない

人生詰んだって思って自ら命を絶つ人なんてそういるものではありません。

 

だって自ら命を絶つのってどうしようもなく怖いもんね。今まで現実逃避してきた人なら分かると思いますが、逃げてきたからこそ、それが怖いのです。

 

だったらやるべきことは一つ。

 

生きるしかないのですよ。

 

 

リストラや病気になったとしても、お金さえあれば何とかなるし。

 

そこで嘆くだけ無駄なものはありません。そんな時間があるならハロワ行くなり、恋人作って紐になるなりお金をもらうことに全力を注ぎましょう。

 

あなたはこの記事を読んでいる時点で検索力があることを証明できているわけで、その検索力があればいくらでも人生を変えるチャンスは眠っています。

 

お金を生む手段は探せばいくらでもあるからね。

 

人生を終わらすのにはまだ早い!必死に生きてみればいいことは見つかります。

 

何せ、アトピーで片目がほぼ見えなくて、給料が15万で彼女も友達もいない、周りに遊ぶようなところもないつまらない人生を送っていた僕でさえ、今こうして生きているのです。

 

そして今は少しだけ人生を楽しんでいます。

 

生きていれば何とかなるもんだよ、ほんと。

 

まとめ

人生をやり直したいのなら今回ご紹介した方法を試してみてください。それがめんどくさいと思うのなら一生人生は詰んだままです。

 

まあポジティブになれば全てが解決するんですけどね。

 

人は幸せになるために生きている。人生が詰んだと思っている人は幸せになりたいっていう欲が少ないんじゃないかな。

 

もっと人間らしく、欲望のままに生きてもいいのでは?

 

もちろん他人を蹴落としてまで幸せを掴もうとするのはだめですよ。そんなことをしても幸せになれないし人生の糧にもなりませんから。

 

ただ周りが笑ってて自分も幸せを追う。

それだけで今の考え方を変えることができます。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

このくそつまらない世界に祝福をもたらすために自分には何ができるのかを書いた記事もありますので良かったら読んでみてくださいm(__)m

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-人生、終活

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.